無限に感謝を。絶品無限常備菜でナスピーマン大量消費。(糖質5.8g)

無限に感謝を。絶品無限常備菜でナスピーマン大量消費。(糖質5.8g)

美味しい秋野菜のシーズンが、目の前まで来ている。

そして私は、このシーズンを今年も満喫したいのだ。

昨年は麻婆ナス7連続という偉業を達成したが、今年はもっと幅広く野菜たちを楽しみたい。

そんな秋野菜第一弾は、無限シリーズの変化球、無限常備菜をご紹介。

美味しい無限シリーズに感謝を込めて、野菜をモリモリいただこう。

絶品無限常備菜の美味しい糖質オフレシピ

費用:150円時間:6分糖質:5.8gたんぱく質:動物 13.3g  植物 1.2g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-16-19-24-52
まずは材料2人分)だ。

・サバの水煮缶 1缶
・ピーマン   4個
・ナス     中くらい1個

今回もまた、頂き物のナスを使わせていただこう。(小ぶりなので2本)

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-16-19-25-06
次に調味料だ。

・ぽん酢  大さじ1.5
・ごま油  大さじ1
・一味唐辛子 軽く4ふり
・黒胡椒   軽く6ふり
・鶏ガラスープの素 小さじ1.5

無限シリーズに感謝を込めて、すこし調味料をカスタマイズさせて頂いた。

ぽん酢の醸造酢効果で、殺菌効果からの保存効果を狙いにいくスタイルだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-16-19-25-19
さぁ主役のナスピーマンの下準備だ。

ナスはヘタと先端をカット。

ピーマンは半分にカットし、種を取り除いておこう。

トトロのメイちゃんでも持ち帰りを嫌がるレベルの、圧倒的な量をお勧めしたい。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-16-19-25-43
これを切れ味の良いスライサーで、全てスライスしておこう。

スライスは、各人がやりやすい角度で結構だ。

ストッパーの付いたスライサーなら、あっという間に完成するだろう。

スライスが完成したら、あく抜きのためにお水につけておこう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-16-19-25-55
私の相棒は100均スライサーだ。

ピーマンは少し横の面を抑えてスライスすると、非常にやりやすい。

しゃこしゃこしゃこしゃこと、部屋中に不気味な音を響かせよう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-16-19-26-08
2分ほど水に付けたら、西ローランドゴリラ並の握力で水を絞ろう。

ちなみに琴欧州の握力は120㎏、西ローランドゴリラの握力は推定800kgだ。

強い。(確信)

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-16-19-26-27
ここにまずは調味料を投入だ。

・ぽん酢  大さじ1.5
・ごま油  大さじ1
・一味唐辛子 軽く4ふり
・黒胡椒   軽く6ふり
・鶏ガラスープの素 小さじ1.5

唐辛子はお好みに応じて外していただいて結構だ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-16-19-26-39
ここに水気を切ったサバ缶を投入しよう。

その際、中心の骨は口にひょいっと投入しよう。

これらをしっかりと混ぜたら、準備OKだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-16-19-26-58
これをラップをして600Wで3分30秒。

あっという間に常備菜の完成だ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-16-19-27-26
あとは召し上がる分だけお皿に盛り、残りは冷蔵庫に入れておこう。

今回は感謝のキモチを込めて、一気に全部いただこう。

あえて常備しないスタイルだ。

低糖質の美味しさ実食

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-16-19-27-44
しゃきしゃき野菜が絡まり合い、サバ缶の肉肉しさも混ざりこんでいる。

食べやすい持ちごたえに、思わず箸が伸びる。

さあ、いただこう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-16-19-28-06
これは旨い。さすがは無限シリーズだ。

ぽん酢と一味の組み合わせでも、その美味しさは無限大だ。

さっぱりと頬張る野菜たちに、頬のふくらみもハム太郎状態だ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-16-19-28-14
そして溢れる野菜の旨み

この出汁も鶏がらスープの力を拝借し、非常に旨い。

ただ、絶対に白米は近くにおいてはならない。

奴と無限常備菜の相性は計り知れない。

いやぁ美味しい常備菜、ご馳走様でした。

次回こそはきちんと常備しておきたい、そんな逸品だった。

いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。

ご満足いただければ幸いです。

FavoriteLoading記事をお気に入り!
スポンサーリンク