お待たせ15分。噛むほど美味しい山椒チキンジャーキー(糖質0.6g)

お待たせ15分。噛むほど美味しい山椒チキンジャーキー(糖質0.6g)
スポンサー様

噛みしめるたびに、旨み溢れるジャーキー。

まるで自分の旨みを理解しているかのような、あの味わい。

ただ自作のジャーキーは、非常に時間がかかるのも難点だ。

そして国産牛肉を使うと、お財布にもたらす被害も災害レベルである。

そんな本日ご紹介する、噛むほど美味しい山椒チキンジャーキー

噛みしめる美味しさを味わえる、中々な逸品だ。

スポンサー様


噛むほど美味しい山椒チキンジャーキーの美味しい糖質オフレシピ

費用:100円時間:15分糖質:0.6g脂質:4.0g塩分:4.2g
熱量:122kcalたんぱく質:動物 18.6g  植物 0.0g※上記は1人分 調味料の糖質一覧:こちら 食材の糖質一覧:こちら
%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-09-19-36-20
まずは材料1人分)と調味料だ。

・鶏もも肉  100g(皮なし)
・料理酒   小さじ1
・塩     軽く8ふり
・粉山椒   軽く6ふり

食材と調味料を同時にご紹介する日が来るとは、まさか夢にも思わなかった。

あまりの出来事に、マスコットも目がテンだ。

さらなる糖質オフを狙うなら!:本当にお勧めな糖質オフ調味料!🥫
隠れた名作揃い!:高たんぱく低糖質お勧めおつまみ!🍪

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-09-19-36-29
まずは鶏肉の皮と脂肪をしっかり取り除こう。

わずか100gに、これほどの脂肪があるとは。

アメリカアニメで、チキンのキャラが爆走できる理由を垣間見た気がする。

ε(*゜θ゜*)з ====3

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-09-19-36-37
次に、これを以下の調味料で8分ほど漬け込もう。

・塩    軽く8ふり
・粉山椒  軽く4ふり
・料理酒  小さじ1

山椒テイストがお好みの方は、さらに追い山椒をしていただきたい。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-09-19-36-47
そして漬け込みが終了したら、これをキッチンペーパーに並べよう。

あの水分をわんさかとってくれる、魔法の紙だ。

初めての一人暮しの時にトイレットペーパーと間違えて購入した、あの白いシートだ。

やけに高いな…。

そう思いながら2カ月購入し続けたのは、良い思い出だ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-09-19-37-09
さらに上からもかぶせて、当時の恨みを込めてゴム製のトンカチ瓶の底などでもOK)でかなり薄くなるまで叩こう。

水分を取ると同時に、圧倒的な薄さを目指して欲しい。

ゴム製のトンカチは、100均の商品が最高に使いやすい。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-09-19-37-33
かなり薄く仕上げたら、キッチンペーパーを剥がしていこう。

この時はお箸などで少し抑えるように剥がすと、とてもやりやすい。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-09-19-37-49
次に、今度はクッキングペーパーを用意しよう。

今度はツルツルでくっつかない系のシートの方だ。

ここに先ほどの鶏肉を、くっつかないように並べて行こう。

このシートに関しては、特段の思い出はない。

ごめんねクッキングシート。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-09-19-38-16
これをぴたっと上からも密着させたら、準備OKだ。

これをレンジで600W6分加熱しよう。

そろそろ冷蔵庫からハイボールを出し、宴に備えておこう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-09-19-38-27
途中の工程で開けてしまうと、熱気が漏れてしまうのでご注意を。

「決して開けないでくださいね…。」

ジャーキーの恩返しの名シーンを思い出してしまう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-09-19-43-31
完成したらお皿で冷まして、粉山椒をお好みでかけたら完成だ。

出来上がりは油が充満しているので、すぐにジャーキーだけをお皿に移そう。

低糖質の美味しさチェック

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-09-19-43-41
出来上がりは少し硬め系のジャーキーだ。

市販のジャーキーとは雰囲気は異なるが、早速一口いただこう。

ぎゅっぎゅとした噛みごたえと、鶏肉の本来の旨さ

山椒風味とシンプルな塩が、かなりの旨さだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-09-19-43-50
少し残った鶏の脂身、これも何と旨いのだろう。

今後鶏もも肉のセールをしていたら、思わず1kgくらい仕込んでしまいそうだ。

天狗ジャーキーにはさすがに勝てないが、宅飲みには十分なスペックだ。

新鮮な国産鶏なら、おつまみとしての安全性もバッチリだろう。

もぐもぐしいチキンジャーキー、とても美味しかった。

鶏肉よ、いつも美味しさを有難う。

いつもご覧いただき、本当に感謝します(*‘∀‘)!
旨ブロレシピ本も是非ご覧ください(*‘∀‘)!
旨ブロ電子書籍
旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様