野菜好き集合。薄味が沁みるタラの山椒タルタル(糖質7.1g)

野菜好き集合。薄味が沁みるタラの山椒タルタル(糖質7.1g)

定期的に訪れる、野菜をむしゃむしゃ食べたい欲求。

ステーキガストを足を運び、ひたすらサラダバーを食べたい欲求。

でも今日一日働いて、晩御飯がサラダだけというのも味気ない。

そんな充実した日々をお送りの、そこの素敵なあなた。

サラダ菜とタラの山椒タルタルムニエル、サラダとどうですか?

野菜がきっと好きになる。最初から好きな人はもっと。


スポンサー様

サラダが主役のタラの山椒タルタルの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:10分糖質:7.1g脂質:30.5g塩分:2.0g
熱量:406kcalたんぱく質:動物 21.7g  植物 1.1g
※上記データは1人分です。
薄味が沁みるタラの山椒タルタル
まずは材料2人前)だ。

・サラダ菜 1袋
・タラ   2切れ
・たまご  2個

えぐみの少ないサラダ菜と、山椒タルタルをお楽しみいただきたい。

薄味が沁みるタラの山椒タルタル
次に調味料だ。

・レモン汁  小さじ4
・塩/黒胡椒 各軽く3ふり
・山椒粉  3ふり ・料理酒  小さじ1
・片栗粉  小さじ1
・マヨネーズ 大さじ3
・マスタード 大さじ1
・オリーブオイル 大さじ1.5
・大蒜チューブ  小さじ0.5

薄味が沁みるタラの山椒タルタル
まずは準主役のタラの下味だ。

今回は給料日前なので、タラのアラを購入した。

皆様はぜひ、タラの切り身でお試しいただきたい。

骨などは、ピンセットなどで取り除いておこう。

薄味が沁みるタラの山椒タルタル
ここで卵を1.5個0.5個に分割しよう。

奥さまから洗い物が増えるでしょパンチをされる場合は、事前に理由を伝えておこう。

タルタル用が1.5個、タラ用が0.5個なのだ。

薄味が沁みるタラの山椒タルタル
ここでタラに下味をつけよう。

・たまご  0.5個
・塩    2ふり
・料理酒  小さじ1
・片栗粉  小さじ1
・大蒜チューブ 小さじ0.5

これらをしっかりと揉みこもう。

薄味が沁みるタラの山椒タルタル
良く混ぜ込んだら他の作業に移り、味をなじませよう。

給料が入ったら、必ず切り身を購入したい。

薄味が沁みるタラの山椒タルタル
次にタルタルを作ろう。

先ほどのたまご1.5個の黄身と白身に、箸で数カ所穴をあけよう。

次に大さじ4程度の水をかけ、ラップ無しで2分30秒加熱しよう。(600w)

薄味が沁みるタラの山椒タルタル
水分を取り除くと、いい感じのゆで卵が出来ている。

タルタルに混ぜ込むだけなので、見た目は気にしない。

見た目が悪い!と怒る彼氏さんならば、少し考え物だ。

…冗談を失礼しました。人には人の感覚がある。

薄味が沁みるタラの山椒タルタル
包丁で卵を細かく刻み、調味料を入れていこう。

・レモン汁 小さじ1
・山椒粉  3ふり
・マヨネーズ 大さじ3
・マスタード 大さじ1

さっぱりテイストのタルタルを作ろう。

薄味が沁みるタラの山椒タルタル
タルタルもいい感じだ。

香辛料が見え隠れする、イケてる部類のタルタルソースだ。

薄味が沁みるタラの山椒タルタル
さらにタラと絡める、レモンオイルを作ろう。

・レモン汁 大さじ1
・塩    1ふり
・胡椒   3ふり
・オリーブオイル 大さじ1.5

塩は薄味のほうが良い。

あくまでもサラダ菜が主役だ。

薄味が沁みるタラの山椒タルタル
綺麗に洗ったサラダ菜を、わんさか配置しよう。

まさに具材を包み込むために、生まれてきたフォルムだ。

薄味が沁みるタラの山椒タルタル
さあ、タラをカリッと焼いていこう。

ここからの作業、全て『強火』かつ『動かさない』のがポイントだ。

タラの身は崩れやすいため、必要なときだけ動かすようにしよう。

薄味が沁みるタラの山椒タルタル
焼く寸前に、もう一度かき混ぜておこう。

片栗粉が一か所に固まることがある。

薄味が沁みるタラの山椒タルタル
お鍋が厚くなったら、タラを入れていこう。

この写真量は少し多い。

全てのタラの片面が、鍋にしっかりと接するように配置しよう。

片面約3分ずつ、カリッと焼きをいれてやろう。

ここで大切なのが、動かさないこと。

ビビりの私は、何度も自分に『動かすなよ』と念を入れる。

爆弾処理班に向いているかもしれない。

薄味が沁みるタラの山椒タルタル
両面がカリッと焼けたら、最後に先ほどのレモン汁を投入しよう。

投入したらすぐに蓋をして、30秒程度蒸らそう。

魚・野菜好き集合!サラダが主役のタラの山椒タルタルは薄味がgood(糖質制限)
サラダ菜の上に、ごそっと乗せたら完成だ。

タルタルを存分にかけ、主役サラダを楽しんで頂きたい。


スポンサー様

低糖質の美味しさチェック

薄味が沁みるタラの山椒タルタル
サラダ菜を口いっぱいにほおばり、追加でタラを入れる。

タルタルの塩気が、タラの淡白な味を包んでくれる。

ああ美味しい。薄味大正解だ。

薄味が沁みるタラの山椒タルタル
マスタードと山椒マヨネーズ、うまくまとまっている。

淡白な白身魚と、口いっぱいに野菜を頬張る快感、とても美味しい。

包んでは食べ、包んでは食べを繰り返したい。

とことん野菜を楽しめる、主役サラダ最高だ。

あぁ、釣りに行ってモリモリゲットしたい。

今年は釣竿を買いたくなる逸品だった。


いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。
ご満足いただければ幸いです。
野菜好き集合。薄味が沁みるタラの山椒タルタル(糖質7.1g)

ご共有いただければ幸いです!
(当サイトはリンクフリーです)

こちらの記事もいかがですか?