おまたせ最終形。濃厚カマンベールのタルタルたらもサラダ(糖質5.6g)

おまたせ最終形。濃厚カマンベールのタルタルたらもサラダ(糖質5.6g)
AMAZONプライムデー

世界的大企業・タラモコーポレーション。

その入社試験では、3つの素質が必要とされる。

➀お箸でもっちり持ち上がること。②タラコの旨味が生きていること。

そして最も大切な➂番要素、濃厚なタラモ感が演出されていることである。

本日ご紹介する、濃厚カマンベールのタルタルたらもサラダ

お豆腐ながらたった一人、タラモコーポレーションの面接をパスした逸材だ。

スポンサー様


濃厚カマンベールのタルタルたらもサラダの美味しい糖質オフレシピ

費用:150円時間:25分糖質:5.6g脂質:16.9g塩分:1.3g
熱量:240kcalたんぱく質:動物 12.0g  植物 5.4g※上記は1人分/下茹で用未換算
おまたせ最終形。濃厚クリチのマヨタルタルたらもサラダ
ではまずは材料2人分)から。

・木綿豆腐  1/2丁
・辛子明太子 1腹
・玉ねぎ   1/3個
・卵     2個
・カマンベールチーズ 15g

ジャガイモなしで過去最高のもっちり感を引き出す、本日の山盛りタラモ。

豆腐サラダだと気づくご友人がいらっしゃれば、きっとお豆腐検定2級の資格をお持ちだろう。

おまたせ最終形。濃厚クリチのマヨタルタルたらもサラダ
そして次に調味料を。

・マヨネーズ 大さじ1
・味噌    小さじ0.5
・黒胡椒   軽く6ふり

そして味付けもごまかしのない、明太マヨチーズテイスト

コクを引き出す味噌の旨味が、こっそり和の美味しさを置いて行ってくれるのだ。

おまたせ最終形。濃厚クリチのマヨタルタルたらもサラダ
では早速、食材の下処理から開始しよう。

まずはスライサーを使い、玉ねぎ1/3個を薄くシャコシャコスライスに。

さらに約15分程水にさらし、辛みを程良く取り除いていただきたい。

こちらは持ち上げた際のもっちり質感に繋がり、10くらいタラモ感をアップさせてくれるだろう。

おまたせ最終形。濃厚クリチのマヨタルタルたらもサラダ
さらにここで木綿豆腐1/2丁を半分にカットし、ラップなしで600Wの90秒レンチンしていただこう。

今回はこの水切りを通常より遥かに念入りに行う点が、美味しさの秘訣。

カマンベールと同じ硬さになるまで、徹底的にぎゃふんと言っていただこう。

おまたせ最終形。濃厚クリチのマヨタルタルたらもサラダ
そしてレンチン後は水気を切り、さらにクッキングペーパーを3周ほどグルグル。

そちらを容器に入れたら、さらに同サイズの容器におもりを乗せて、15分程放置していただけるだろうか。

そしてその上の容器に、重しとなるお野菜などを置いていただくと完璧である。

今までは水で重しをしていたが、バランスが結構不安定になってしまう。

この方法ならば、玉ねぎ好きの姪っ子が持って行かない限り安心だ。

おまたせ最終形。濃厚クリチのマヨタルタルたらもサラダ
ただそう言えば、今日は晩御飯にオニオンサラダを作るんだった。(※自分用)

そのため上に乗せた玉ねぎを、ガチなおもりとそっとバトンタッチ。

お豆腐がマッチョになりませんように。

おまたせ最終形。濃厚クリチのマヨタルタルたらもサラダ
さらにここで耐熱容器に卵を2個割入れ、被るくらいの水を投入しよう。

そして卵にお箸などで穴を開けて、600Wで4分30秒ほどレンチンしていただけるだろうか。

今回は少し固めのレンチンゆで卵を作成するため、完成具合によってお時間をご追加いただければ幸いだ。

おまたせ最終形。濃厚クリチのマヨタルタルたらもサラダ
そして木綿豆腐の水気を完全に切ったら、さらにダメ押しでクッキングペーパーで水分を拭き取ろう

そして最後は以下と一緒にフードプロセッサーにかければ、濃厚な豆腐カマンベールの完成である。

またフードプロセッサーをお持ちでなければ、袋に入れてモニモニしていただければ幸いだ。

・カマンベールチーズ 15g

おまたせ最終形。濃厚クリチのマヨタルタルたらもサラダ
さらに以下の調味料を加えて、しっかり混ぜ合わせていただきたい。

・マヨネーズ  大さじ1
・味噌     小さじ0.5
・黒胡椒    軽く6ふり
・豆腐カマンベール 全て
・スライス玉ねぎ  1/3個分
・ほぐした明太子  1腹
・刻んだレンチン茹で卵 2個分

またレンチン茹で卵とスライス玉ねぎに関しては、しっかり水分を切ってから。

そしてスライス玉ねぎは再度洗っていただくと、辛みがさらに緩和するだろう。

おまたせ最終形。濃厚クリチのマヨタルタルたらもサラダ
最後はこちらをお皿に乗せれば、もっちり濃厚タラモ風サラダの完成だ。

過去に幾度も作成させていただき、本日一つの完成形を迎えたお豆腐タラモ。

タルタルの進化を果たした、パンに挟みたい衝動が内から沸き上がってくる逸品だ。


スポンサー様


低糖質の美味しさチェック

おまたせ最終形。濃厚クリチのマヨタルタルたらもサラダ
あぁこれぞ、もっちりタラモ感である。

従来のタラモサラダでは実現しきれなかった、ビジュアル面も完全克服。

粒々に入り込んだ明太子が、全体を薄ピンクに染めている。

さらにゆで卵の黄色がキラリと光り、パンにお嫁に出せるタラモっぷりだ。

では早速、一口パクリと頂戴しよう。

おまたせ最終形。濃厚クリチのマヨタルタルたらもサラダ
タラモコーポレーションの入社条件である、『もっちりと持ち上がること』。

その条件を完璧にクリアする、濃厚で粘度の高いネットリテイスト。

さらに明太子の塩気と、カマンベール&マヨのコク旨さ。

加えてそこに玉葱のシャキシャキ感が加わり、サラダの美味しさが累乗的に加速する。

おまたせ最終形。濃厚クリチのマヨタルタルたらもサラダ
さらに味噌のコクと淡白なゆで卵、これは美味しい。

なかなか超えられなかったジャガイモの壁も、完全な水切りとカマンベールの共同作業でナイスクリア。

これはタラモサラダの美味しさを、良い感じに低糖質で実現できたのではないだろうか。

明太子の香りに、マヨチーズの濃密な乳系の美味しさ

また必ず進化させたい、現時点でのタラモキングな逸品だった。

見ているだけで楽しい!
AMAZONプライムタイムセール会場(*‘∀‘)!

タイムセール会場

ご覧いただき、本当に感謝します(*‘∀‘)
簡単』を追求したレシピ動画も是非!
YOUTUBEレシピ動画
旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様