一家勢ぞろい。ポーチドエッグの鶏パイタン白麻婆豆腐(糖質7.7g)

一家勢ぞろい。ポーチドエッグの鶏パイタン白麻婆豆腐(糖質8.2g)

絹豆腐をくったり煮込み、鶏の旨みを移し替える。

辛みのない優しい味わいを、疲れた胃袋にお届けする。

そしてそれが柔らかな黄身に包まれたなら。

朝帰りで激おこな奥さまも、きっと穏やかになるだろう。

本日ご紹介する、ポーチドエッグのパイタンチキン白麻婆

徹底的に易しさを極めた、旨み溢れる逸品だ。

ポーチドエッグのパイタンチキン白麻婆の美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:15分糖質:7.7g脂質:24.4g
塩分:3.0g 熱量:412kcalたんぱく質:動物 27.9g  植物 7.5g
※上記データは1人分です。
ポーチドエッグの鶏パイタン白麻婆豆腐(糖質8.2g)
まずは材料2人分)だ。

・鶏むね肉 200g
・絹豆腐  1丁
・ネギ   1/4本
・タマゴ  2個

今回のネギは、まさかの割高小パックを購入してしまった。

目の前で麗しい奥様に最後の一本を奪われ、泣く泣くこちらになってしまったのだ。

ポーチドエッグの鶏パイタン白麻婆豆腐(糖質8.2g)
次に調味料だ。

・塩   軽く4ふり
・料理酒 小さじ2
・片栗粉 小さじ1
・オイスターソース  小さじ2
・生姜/大蒜チューブ  各小さじ1
・鶏がらスープの素  大さじ1
・オリーブオイル   小さじ1

今回のパイタン白麻婆豆腐は、全く辛くない。

たとえ生まれたてのハムスターでも食べられる、優しい味付けである。

ただ、マジで与えるのはお控えいただきたい。

ポーチドエッグの鶏パイタン白麻婆豆腐(糖質8.2g)
ではまずは、鶏むね肉はミンチ状に。

ネギは、薄く輪切りにしておこう。

今回もご登場いただいた、ぶんぶんチョッパー先生。

いつの日か子供に料理を教える日には、必ず使わせたいお料理グッズ。

もし子供の初めての言葉が「パパ」ではなく「ぶんぶん」なら、それは私の完全敗北である。

ポーチドエッグの鶏パイタン白麻婆豆腐(糖質8.2g)
そして次に、片栗粉小さじ1を大さじ1の水で溶いておこう。

忘れやすいこの作業だが、美味しいトロミのために先に準備しておきたい。

結構な確率で入れ忘れ、トロミなくてもいいかな?とか思ってしまうのだ。

ポーチドエッグの鶏パイタン白麻婆豆腐(糖質8.2g)
では早速お鍋に以下を同時に入れ、中火で加熱していこう。

・生姜/大蒜チューブ  各小さじ1
・オリーブオイル   小さじ1

非常に単純な行程だが、極めて良い香り。

映画館で見る映画の前のCMくらい、大好きな時間である。

ポーチドエッグの鶏パイタン白麻婆豆腐(糖質8.2g)
そしてここで、鶏ミンチとネギを強火で約90秒炒めていこう。

豚ひき肉と違い脂が少ないが、これがまた良い感じのあっさり感に仕上がる。

ホッとするような美味しさで、上位版リラックマを狙おうではないか。

ポーチドエッグの鶏パイタン白麻婆豆腐(糖質8.2g)
そして炒め終わったら以下を投入し、30秒かき混ぜよう。

・塩   軽く4ふり
・料理酒 小さじ2
・オイスターソース  小さじ2

ここからが味付けタイムなのだが、辛めがお好きならラー油という選択肢もアリである。

ポーチドエッグの鶏パイタン白麻婆豆腐(糖質8.2g)
そして調味料を馴染ませたら、以下を加えて中火で6分間煮込んでいただきたい。

・水 150ml
・鶏がらスープの素  大さじ1

クタクタになりながら、周囲の力を借りながら美味しくなる絹豆腐。

それはまるで、一つの人生を見ているようだ。

ポーチドエッグの鶏パイタン白麻婆豆腐(糖質8.2g)
そして火を止めて、先ほどの水溶き片栗粉をぐるりと回しかけよう。

ここまででまず、白湯麻婆豆腐は完成だ。

次は激簡単な、ポーチドエッグ大作戦に移行しよう。

ポーチドエッグの鶏パイタン白麻婆豆腐(糖質8.2g)
まずは綺麗に洗ったお鍋に、水を1cm程沸騰させよう。

見ていても面白いので、この夏のお子様の自由研究にも最適。

結構しょぼい内容に、先生も怒るに怒れないだろう。

ポーチドエッグの鶏パイタン白麻婆豆腐(糖質8.2g)
ここに卵を割入れ、蓋をして中火で90秒

チキンラーメンにも最強な、素晴らしき半熟エッグの完成である。

ポーチドエッグの鶏パイタン白麻婆豆腐(糖質8.2g)
そしてこれをお皿に移したら、いざ完成だ。

タップリ完成するので、ぜひ気の合う仲間と召し上がっていただきたい。

低糖質の美味しさチェック

ポーチドエッグの鶏パイタン白麻婆豆腐(糖質8.2g)
とろっ…。

ぱかぁ…!!

(*‘∀‘)ファー

ポーチドエッグの鶏パイタン白麻婆豆腐(糖質8.2g)
おふざけしている場合ではない。

では早速黄身をまぶし、一口いただこう。

鶏の旨みが甘いテイストで纏わりつき、スープにオイスターの旨みが溶け出ている。

ほろっととける絹豆腐が、口の中いっぱいに広がってくる。

あぁ、これは元気が吹き上げるタイプの美味しさだ。

ポーチドエッグの鶏パイタン白麻婆豆腐(糖質8.2g)
そしてやはり、大切なのは黄身のまろやかさ

このとろけた旨みが、鶏ミンチの肉の美味しさに良く合う。

スープに溶かせば、いくらでもすすれる安全圏の美味しさである。

あぁ、お腹いっぱいだ。

また必ず作りたい、健康的な一杯だった。

いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。

ご満足いただければ幸いです。

FavoriteLoading記事をお気に入り!
スポンサーリンク