優勝の旨さ。レンジで柔らか鶏肉オニオンぽん酢タルタル(糖質5.1g)

優勝ください。レンジで柔らか鶏肉オニオンぽん酢タルタル。(糖質5.1g)

地元のおっちゃんが営業している、見るからに美味しそうな定食店。

あの旨そう感は、何かしらの経験値が生み出しているのだろうか。

しっとり・まったり。全ての擬音が適応される旨そうな料理。

今年はそんなレシピを、両手に抱えきれないほど作成したいのだ。

本日ご紹介するのは、モモ肉のオニオンぽん酢タルタル

背筋が直角になる旨さに、ご家族の帰宅が待ち遠しくなる逸品だ。

柔らかモモ肉のオニオンぽん酢タルタルの糖質オフレシピ

費用:200円時間:15分糖質:5.1gたんぱく質:動物 30.7g  植物 0.2g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-08-18-47-53
まずは材料2人分)だ。

・鶏もも肉 300g
・たまご  2個
・玉ねぎ  1/4個

今日はおろしオニオンと、タルタルソースの初めてのご対面。

両者とも主役を張れる、超一流のソース職人だ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-08-18-48-05
次に調味料だ。

・料理酒 小さじ2
・ぽん酢 大さじ1.5
・塩/黒胡椒  各軽く6ふり
・すりごま  小さじ2
・マヨネーズ 大さじ2

これは、某有名店の味付けを体感的にトレースした味付けだ。

2回ほど悲しいテイストになったが、これが完成形だと自信を持っている。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-08-18-48-16
まずは鶏もも肉を、包丁でぱかっと開いてしまおう。

そこに塩/黒胡椒を各軽く6ふりして、鶏肉の旨さを引き立てよう。

今日の国産鶏肉、いつものブラジリアンな子とは少し雰囲気が違う。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-08-18-48-28
そして次は玉ねぎを1/4個おろし、以下の漬け込みタレを完成させよう。

・料理酒 小さじ2
・ぽん酢 大さじ1.5

これぞ世の漬け込みタレの中で、出会えて良かった組み合わせだ。

タレコレ(タレコレクション)は、何歳になっても増やしたいものですね。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-08-18-48-43
そしてここに、鶏肉をジョボーン。

漬け込み時間は5分程度、それでもしっかり柔らかくなってくれる。

玉葱酵素の底力とは、かくも恐ろしいものなのか。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-08-18-48-54
そしてその間に、タルタルも完成させておこう。

まずはたまご2個に、お水を浸るほどつけておこう。

お箸でたまごをプスプスするのも忘れずに。

たまごにも、刺されたいお好みの場所とかあるのだろうか。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-08-18-49-03
そしてこれを、ラップ無しで600W4分30秒

タルタルに適した、ふんわりゆで卵の完成だ。

筋トレに没頭していた時期は、寝る前にこのご馳走をモリモリ食べていたものだ。

お安く美味しく、そして簡単な最強パートナーなのだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-08-18-49-14
この水気をしっかり取り、卵を崩して以下と一緒にタルタルに仕上げよう。

・すりごま  小さじ2
・マヨネーズ 大さじ2

こちらの味付けは極めてシンプル。

今回の味のメインは、鶏肉さんサイドにお願いしてあるのだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-08-18-49-23
そして、その鶏肉さんサイドだ。

皮を上にして、タレを全部かけてシリコンスチーマーに放り込もう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-08-18-49-33
これを600Wで4分ひっくり返して2分間で完成だ。

既に最高に美味しいのだが、これにタルタルをかけるとR指定レベルに跳ね上がる。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-08-18-49-50
鶏肉をいい感じにカットし、タルタルをタップリおかけいただきたい。

あとは心行くまで、素敵な食卓をお楽しみいただきたい。

低糖質の美味しさチェック

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-08-18-50-11
…美しい。

ドナルドカーチスが、マダムジーナに発した言葉と同じセリフが飛び出してくる。

この美味しそう感を、私は待ち望んでいたのだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-08-18-50-21
たっぷりとタルタルをかけ、いざ一口。

はい、素晴らしく美味しい。

鶏肉の旨さを余すところなく引き出す、玉ねぎの甘みが素晴らしい。

同時にすりごまの香ばしさも、忌憚なくアピールしてくるのだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-08-18-50-30
このエキスこそ、全ての胃袋のスイッチを押し逃げする。

やんちゃで足の速い、最強クラスの旨み小学生だ。

このスープもしっかり絡め、鶏肉を頬張り続けよう。

あぁ、素晴らしく美味しかった。

鶏肉よ、今年も私と一緒に頑張って働こうね。

いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。

ご満足いただければ幸いです。

FavoriteLoading記事をお気に入り!
スポンサーリンク