風邪ひいてない?白湯塩バターのほうれん鶏つみれスープ。(糖質7.7g)

風邪ひいてない?白湯塩バターのほうれん鶏つみれスープ。(糖質7.7g)

朝の通勤が心地良く感じる、冬の空気。

冷気が体に流れ込むと、体の芯から暖かくなりたい。

それは自分だけではなく、周りのみんなも同じ気持ちだ。

そんな日は体の芯から温まる、薫り高いスープはいかがだろう。

溢れる栄養と旨みの白湯塩バタースープ

冬の朝にこそお試しいただきたい、ほっこりっちな逸品だ。


スポンサー様

白湯塩バターのほうれん鶏つみれスープの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:10分糖質:7.7gたんぱく質:動物 33.4g  植物 1.5g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-14-19-20-35
まずは材料2人分)だ。

・鶏むね肉  300g
・ほうれん草 1/2袋

栄養豊富なほうれん草と、あっさりとした鶏むね肉。

風邪っぴきで弱っている方に、下心満タンで優しさをアピールする所存だ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-14-19-20-49
次に調味料だ。

・味噌    大さじ1.5
・バター   15g
・片栗粉   小さじ2
・塩/黒胡椒  各軽く10ふり
・鶏ガラスープの素 大さじ1.5
・生姜チューブ   小さじ1

シンプルで胃袋に染み渡る、優しい美味しさ。

今回はそのミッションに最適な、塩バター白湯スープを選択しよう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-14-19-21-03
まずは栄養キング、ほうれん草の出番だ。

比較的安価で購入できる、このお野菜。

疲れた日のエネルギーチャージは、体感できるレベルだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-14-19-21-19
このほうれん草を1/2袋、全て細かくみじん切りにしよう。

比較的簡単なので、包丁でリズミカルにトントンやっちゃってもいい。

台所から軽快なリズムが聞こえれば、ノリの良い旦那様が踊りだしてくるだろう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-14-19-21-33
そして同時に、鶏むね肉もミンチ状にしよう。

最初から鶏ミンチをご購入されても良し、フードプロセッサーでお作りになられても良し。

お財布事情にあわせ、お好きな方法をご選択いただきたい。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-14-19-21-48
さらに以下の調味料を加えよう。

・味噌    大さじ1.5
・バター   20g
・片栗粉   小さじ2
・塩/黒胡椒  各軽く10ふり
・生姜チューブ   小さじ1

これで美味しい鶏つみれの準備はOKだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-14-19-22-01
混ぜ終わったらこれを5分ほど寝かし、味をなじませておこう。

ふっくら感系つみれがお好みなら、ここにを一個投入しよう。

ただ私の好みのタイプは、漫画のような肉団子感溢れるつみれなのだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-14-19-22-17
さぁ、お料理も終盤だ。

まずはお水を500㏄沸かして、中火に設定しよう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-14-19-22-35
ここに鶏団子をスプーンで投入し、約6分間ゆっくり茹で上げよう。

簡単に肉団子が大量生産できるので、見ていて楽しい行程だ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-14-19-22-47
最後に鶏ガラスープの素大さじ1.5と、バターを15g投入しよう。

そしてお時間があれば、少しこのまま放置していただきたい。

これらの甘みを、つみれ団子に染み込ませるのだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-14-19-23-03
これをお皿に盛ったら、さあ完成だ。

風邪をひかない屈強な男性諸君も、このスープで女子力UPだ。


スポンサー様

低糖質の美味しさチェック

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-14-19-23-11
つみれ団子の中に、ほうれん草がちらり。

この魅惑のつみれ団子が、体を修復しないわけがない。

一粒300メートルどころか、340メートルは堅いだろう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-14-19-23-33
パカッと割り、白湯スープを染み込ませる。

柔らかな風味と、バターの甘みがとても美味しい。

ほうれん草の滑らかな口触りも手伝い、優しい旨さにホッとする。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-14-19-23-42
そしてこのバター白湯がすごく良い。

ジャンルの異なるエキスが溶け出し、隠れた名店の秘伝スープのようだ。

麺を入れたら旨いだろうなぁ、という気持ちを押し殺して完食。

あぁ、つみれ団子最高…。

体全体がほこほこする、美味しい逸品だった。


いつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
ご満足いただければ幸いです。
風邪ひいてない?白湯塩バターのほうれん鶏つみれスープ。(糖質7.7g)

ご共有いただければ幸いです!
(当サイトはリンクフリーです)

こちらの記事もいかがですか?