トマトの甘み充満。柔らか鶏むねと煮込みトマトタルタル。(糖質9.1g)

トマトタルタル,鶏むね,糖質制限レシピ

最近、トマトの美味しさに目覚めた。

しっかり煮込んだトマトの、濃厚な甘みを他の食材と絡める。

それだけで様々な調味料やタレが、新しい魅力を持ち始めるのだ。

あぁトマトを煮込みたい…。

決してトマト缶が1/2個だけ残っているとか、そんな邪悪な理由ではない。

本日は煮込みトマトのタルタルソースと柔らか鶏むねの、ガッツリレシピをご紹介したい。

トマトの甘みが活躍する、芳醇なタルタルソースはそれだけでも美味しいのだ。

柔らか鶏むねと煮込みトマトタルタルの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:15分糖質:9.1gたんぱく質:動物 39.7g  植物 1.3g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-01-19-29-47
まずは材料2人分)だ。

・鶏むね肉 300g
・タマゴ  2個
・サラダ菜 1/2個
・カットトマト缶 1/2個

久しぶりの鶏むねとタマゴの鶏系コンボ。

鶏を食べつくすぞ!という意気込みが感じられる。

周囲が引くくらい美味しそうに召し上がって欲しい。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-01-19-29-47
次に調味料だ。

・塩/黒胡椒   各軽く6ふり
・マスタード  小さじ1
・お酢     小さじ2
・片栗粉    大さじ1
・醤油     小さじ2
・マヨネーズ  大さじ3
・オリーブオイル 大さじ1

今回はこれに煮詰めたトマトを加えるのだ。

煮詰めタルタルという新しいジャンルを、孤軍奮闘で浸透させていきたい。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-01-19-29-57
まずはいつものように、鶏むね肉を麺棒でほぐそう。

最近、麺棒の先端でガシガシつついたほうが、柔らかくしやすいことが判明した。

もしかしてそれが本来の使い方だったなら、恥ずかしさでちょっと立ち直れない。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-01-19-30-09
そしてほぐした鶏むね肉を、繊維に沿って薄くスライスしよう。

厚みは約1㎝程度で、熱がしっかり通しやすい厚みにしていただきたい。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-01-19-30-26
ここにシンプルな調味料を加えよう。

・塩     軽く3ふり
・醤油    小さじ2
・マヨネーズ 大さじ1

いつも様々な調味料を加えているため、少し鶏肉が物欲しそうだ。

この欲張りさんめ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-01-19-30-34
これをしっかりと混ぜ込み、約10分ほど放置しておこう。

マヨネーズの力を借りて、鶏肉をしっとり柔らかく仕上げよう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-01-19-30-44
次にタルタルのベースを作成しよう。

まずは耐熱容器にたまごを二個入れ、黄身と白身を箸でプスプス。

しっかり卵を覆うくらいの水を入れて、600Wで2分間ほどレンチンして欲しい。

大学時代、あまりにタルタルが好きすぎて、タルタルをタッパに入れて登校していた。

あまりの私の女子力の高さに、周囲は苦笑いしていた記憶がある。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-01-19-30-53
これがレンチン後のたまごだ。

ここで水気をしっかり取り除いていただきたい。

冷めてから作っても良いので、焦って火傷をされませんように。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-01-19-31-08
ではここで、以下の調味料を加えよう。

・塩     軽く3ふり
・黒胡椒   軽く6ふり
・マスタード  小さじ1
・お酢     小さじ2
・マヨネーズ  大さじ2

タルタルの一番楽しい味付けタイムだ。

山椒や柚子胡椒タルタルも捨てがたいが、今回は涙をぐっとこらえよう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-01-19-31-28
これをスプーンでガシガシほぐすと、ベースになるタルタルの完成だ。

さぁ本日の主役を迎え入れる準備は整った。

ここからは、キッチンに食いしん坊の侵入を許してはならない。

KEEP OUTの黄色いテープをしておこう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-01-19-31-39
お鍋にカットトマト缶を1/2個投入し、油無し強火でガシガシ煮詰めよう。

この時、鍋底が焦げ付かないよう、ヘラなどで混ぜながら行うと良いだろう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-01-19-32-06
これが約4分間煮詰めた、トマトの進化形だ。

甘みも凝縮されており、これだけでも十分美味しい。

よく考えると、濃厚なトマトソースに使うくらいだから美味しいのは当然だ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-01-19-32-16
これをタルタルにドン。

煮詰めトマト「私だ…。

タルタル「神がいらっしゃったぞー!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-01-19-32-24
これをしっかり混ぜて、一口食べて、ニヤニヤする。

これも重要な作業だ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-01-19-32-32
さぁ最後の手順だ。

片栗粉大さじ1を鶏むね肉に混ぜ込み、一気に調理しよう。

ここからは、ただ焼くだけのシンプルな行程だ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-01-19-32-43
ここで受け皿的に、サラダ菜もセッティングしておこう。

野菜もしっかり食べなくちゃね。

そう言いつつ、心は「肉食わせろ」状態だ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-01-19-32-53
ではお鍋にオリーブオイルを大さじ1投入しよう。

強火でしっかり加熱したら、いざ準備OKだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-01-19-33-10
鶏肉を重ならないように並べ、蓋をして強火で2分

ここではふんわり仕上げるために、必ず蓋をしておこう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-01-19-33-25
そしてひっくり返し、蓋をしてさらに2分

いい感じに焦げ目をつけていこう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-01-19-34-06
これをお皿に盛って、お好きなだけタルタルをかけたら完成だ。

お待たせして大変申し訳ない。ごゆっくり召し上がって欲しい。

低糖質の美味しさ実食

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-01-19-34-28
空腹感が「見た目の感想なんて言ってる場合じゃねえ!」とご立腹だ。

早速、一口いただこう。

あぁ、トマトタルタルの甘み鶏の肉汁が絡み合う。

ガッツリ&ガッツリの、非常に大好きな状態が口いっぱいに広がる。

煮詰めトマトのタルタル、すごく美味しい。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-01-19-34-36
サラダ菜もたまにしゃきしゃき食べるのも旨い。

パクパク軽快なリズムで頬張るタルタルチキンは、最高に心地良い

そしてタルタル単品で口に頬張ると、なお旨い。

やっぱりトマトは最高だ。

糖質は少し高いが、適量を使えば十分ローカボメニューとして優秀だ。

野菜のおいしさを再確認した、美味しい逸品だった。

いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。

ご満足いただければ幸いです。

FavoriteLoading記事をお気に入り!
スポンサーリンク