朝からごくり。旨みエキス白濁の濃厚豆腐参鶏湯(糖質6.0g)

朝からごくり。旨みエキス白濁の濃厚豆腐参鶏湯(糖質6.0g)
スポンサー様

毎日ガツンと美味しいご飯じゃなく、時にはじんわり美味しいご飯を。

風邪をひいてしまった日には、体から温まる美味しいレシピを。

そんな勝手な親心からご紹介したい、簡単絶品参鶏湯スープ

簡単でもダシにこだわった、お店ににじり寄る美味しさだ。

〆の麺をかごに入れたい!そんな誘惑に負けないで。

スポンサー様


濃厚豆腐参鶏湯の美味しい糖質オフレシピ

費用:250円時間:40分糖質:6.0g脂質:21.7g塩分:6.2g
熱量:388kcalたんぱく質:動物 26.4g  植物 6.2g※上記は1人分 調味料の糖質一覧:こちら 食材の糖質一覧:こちら
写真 2016-06-08 21 36 36
まずは材料2人分)だ。

・青ネギ   1/3本
・にんにく  1片
・生姜    3スライス
・絹豆腐   1/2丁
・鶏手羽元  8本(300g)
・お米のとぎ汁 800cc(成分換算なし)

写真 2016-06-08 21 36 51
次に調味料だ。

・料理酒   大さじ2
・すりごま  大さじ1
・ほんだし  小さじ1
・塩     小さじ2
・黒胡椒   小さじ1
・ラー油  (お好みで)
・鶏ガラスープの素 小さじ2

さらなる糖質オフを狙うなら!:本当にお勧めな糖質オフ調味料!🥫
隠れた名作揃い!:高たんぱく低糖質お勧めおつまみ!🍪

写真 2016-06-08 21 37 05
さぁこのレシピ、下処理もあっという間だ。

まずは豆腐を大きめのサイコロ状に。

ネギを斜めに細くスライスしよう。

写真 2016-06-08 21 37 14
次に生姜はスライスに。

ニンニクは1片を三等分して、包丁や拳でつぶそう。

拳でつぶすとかっこいいので、お勧めだ。

写真 2016-06-08 21 37 24
次に、手羽元の骨のそばに包丁を入れよう。

今回は骨からガンガンだしを取りたい。

手羽元からセクハラで訴えられるほど、切り込みを入れよう。

写真 2016-06-08 21 37 34
ここで…。大変残念なお知らせだ。

このレシピ、できれば米のとぎ汁を800ccご用意頂きたい。

糖質制限中にお米をといで頂く、この辛さ。

もし白米を完全に封印されている場合は、大さじ3のお米を800ccのお水に砕いて入れて頂ければOKだ。

写真 2016-06-08 21 37 45
さあ、あとはガンガン煮込むだけだ。

生姜、にんにく、手羽元、とぎ汁、料理酒大さじ2を、まずは強火で加熱しよう。

写真 2016-06-08 21 37 54
あっ!!アクが出てきた!!どうしよう!!

こんなチャーミングな悲鳴を上げれば、彼氏さんがすくってくれるに違いない。

男性の諸君は、黙って自分ですくうしかない。

写真 2016-06-08 21 38 05
アクを取り除いたら、中火にしてアルミホイルか蓋をしよう。

ここから怒涛の参鶏湯化が加速する。

写真 2016-06-08 21 38 22
約35分、かなり濃厚にするには40分加熱

加熱に応じてどんどん濃厚になる。ただ、水分がなくならないよう注意が必要だ。

煮込みが完了したら、豆腐とネギと以下の調味料を加えよう。

・すりごま 大さじ1
・ほんだし 小さじ1
・塩    小さじ2
・黒胡椒  小さじ1
・ラー油 (お好みで)
・鶏ガラスープの素 小さじ2

写真 2016-06-08 21 39 07
約3分、豆腐とネギを煮込んだら完成だ。

さあ、素敵な参鶏湯フレンドと一緒に召し上がって欲しい。

低糖質の美味しさチェック

写真 2016-06-08 21 39 24
透き通るスープに溶け出た、鶏のうまみ成分

研究所で旨みを計ったら、計測器がふり切れるに違いない。

塩ベースの濃厚テイストに、思わずガッツポーズだ。

写真 2016-06-08 21 39 33
鶏肉も完全にほろほろ

ほろほろすぎて困るレベルだ。

凄く美味しい。

わたしは、ほろほろの鶏肉を食べるために生まれてきたのかもしれない。

写真 2016-06-08 21 39 42
豆腐もご馳走だ。

食べるときはかなり細かく砕いて、蓮華で流し込むように食べると最高だ。

このスープで〆の麺を召し上がる場合、ポン酢を大さじ2加えると、ラーメン店レベルの別格ご飯になる。

最後に誘惑をしてしまい、申し訳ない。

しかしどうしても、美味しいものはご共有させていただきたいのだ。

また是非作ってみたい、素敵な逸品だった。

いつもご覧いただき、本当に感謝します(*‘∀‘)!
旨ブロレシピ本も是非ご覧ください(*‘∀‘)!
旨ブロ電子書籍
旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様