満喫柔らかさ。低温純白チキンとヨーグルアボカドタルタル(糖質4.5g)

満喫柔らかさ。低温純白チキンとヨーグルアボカドタルタル(糖質4.5g)
スポンサー様

サッパリに仕上げても美味しい、柔らかな卵タルタル。

そのソースの中に、濃厚なアボカドを程良く混ぜ込んだら。

さらにそこに、淡白で激柔な純白のチキンを添えて。

お待たせしました、サラダに負けぬ山盛りチキン。

本日ご紹介する、低温純白チキンとヨーグルアボカドタルタル

マヨネーズ不使用で攻め込む、程よい醤油が堪らない逸品だ。

スポンサー様


低温純白チキンとヨーグルアボカドタルタルの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:20分糖質:4.5g脂質:13.9g塩分:1.6g
熱量:293kcalたんぱく質:動物 34.0g  植物 1.6g※上記は1人分 調味料の糖質一覧:こちら 食材の糖質一覧:こちら
低温純白チキンとヨーグルアボカドタルタル
ではまずは材料2人分)から。

・鶏むね肉  300g(皮なし)
・アボカド  1/2個
・卵     1個

サラダ感覚でぺろりと食べたい、柔らかなサッパリチキン。

そのため本日のタルタルは、マヨネーズ全面的立ち入り禁止とさせていただこう。

低温純白チキンとヨーグルアボカドタルタル
そして次に調味料を。

・醤油      小さじ1
・塩麴      大さじ1
・おろし大蒜   小さじ1
・粒マスタード  小さじ1
・無糖ヨーグルト 大さじ2
・オリーブオイル 小さじ2

そして純白チキンの低温調理に適した、シンプルな味付けと柔らかさ。

こちらは大蒜&塩麴にお任せし、私は残り半分のアボカドと共にソファーでくつろぎたい。

さらなる糖質オフを狙うなら!:本当にお勧めな糖質オフ調味料!🥫
隠れた名作揃い!:高たんぱく低糖質お勧めおつまみ!🍪

低温純白チキンとヨーグルアボカドタルタル
では早速、本日の調理を開始しよう。

まずは鶏むね肉300gの皮を取り、一口サイズにカッティング。

今回は少し小さめに揃え、中まで火が通りやすい形状に仕上げていただけるだろうか。

低温純白チキンとヨーグルアボカドタルタル
そしてそちらに、以下の調味料を約15分間漬け込もう。

・塩麴     大さじ1
・おろし大蒜  小さじ1

ちなみに以前、従妹の子供に『20分漬け込んでね』とお料理のお手伝いをお願いしたことがある。

すると彼は健気にも、20分間ずっと鶏肉をモニモニしてくれていた。

私の拙い日本語が誤解を招いたようで、彼には誠に申し訳ないことをした。

低温純白チキンとヨーグルアボカドタルタル
さらに漬け込みの間には、レンチン茹で卵も作成しよう。

こちらは耐熱皿に卵を割り入れ、覆う量の水をかけ、お箸で黄身に穴を数か所プスリ。

さらにラップなしで、600Wの2分30秒レンチンしていただきたい。

ただ水量と器のサイズによって少し差が生まれるため、卵が少し固めのポーチドエッグになるまでお時間をご調節いただければ幸いだ。

低温純白チキンとヨーグルアボカドタルタル
そして今回は、アボカドタルタルを最後まで作ってしまおう。

こちらは前述のレンチン茹で卵の水気をしっかり切り、以下と徹底的に混ぜ合わせるだけ。

・醤油      小さじ1
・粒マスタード  小さじ1
・無糖ヨーグルト 大さじ2
・アボカド    1/2個

アボカドは少し熟したタイプを使い、皮を握って絞り出していただければ最高だ。

試作品ではアボカドが親方のげんこつ並みに硬く、猛烈に苦労したことを覚えている。

低温純白チキンとヨーグルアボカドタルタル
そして完成する、マヨネーズ不使用のさっぱりアボカドタルタル

その最大の特徴は、何といっても類まれなる爽快感だ。

岡田将生氏に笑顔でミンティアを10粒渡されるような、素晴らしき清涼感をご堪能いただきたい。

低温純白チキンとヨーグルアボカドタルタル
さらに次は低温で攻め込む、純白チキンを作成していこう。

まずはフライパンにオリーブオイルを小さじ2広げ、中火で加熱していただけるだろうか。

ここからは中火→弱火の二段構成で攻めるため、スイッチを切り替える手首のストレッチをお願いしたい。

低温純白チキンとヨーグルアボカドタルタル
そして最初は、中火から開始しよう。

まずは鶏むね肉の表面を少しづつ焼き上げるように、全体的に60秒間コロコロ。

程良く塩麴に包まれているため、中火でも焦げ付きにくいのがポイントだ。

低温純白チキンとヨーグルアボカドタルタル
加えて次は、弱火で3分間炒めていこう。

こちらも時々ひっくり返しながら、全体に熱を加えていただきたい。

弱火のために殆ど焦げ付くこともなく、最初から終わりまで真っ白いまま。

ママこれ焦げてるぅ♪と茶化されることもなく、ぷりぷりの食感もご堪能いただける。

低温純白チキンとヨーグルアボカドタルタル
そして最後はアボカドタルタルを笑顔でかければ、いざ完成だ。

柔らかさの上にコクと清涼感を加えた、サラダ風純白チキン。

爽やかさが吹き抜ける肉汁という、矛盾した味わいをご堪能いただきたい。

低糖質の美味しさチェック

低温純白チキンとヨーグルアボカドタルタル
お仕事などで疲れを感じた時、少し風邪を引きそうな雰囲気がある時。

そんな時にいつもお世話になるのは、やはり鶏むね肉

栄養価も抜群で、安全な製品も手に入れ易い。

そんなヒーローを、今日はさっぱりサラダ仕立てに。

どこまでも変身を遂げるチキンに、早速直撃インタビューを敢行しよう。

低温純白チキンとヨーグルアボカドタルタル
まずは低温で作成した、純白チキンを一口パクリ。

じゅわっと肉汁が溢れると同時に、歯がスッと内部にお邪魔する。

まるで良く茹でられた水炊きのような、程良くお留守番した食感もとても良い。

シンプルな塩麴大蒜、とても美味しい。

低温純白チキンとヨーグルアボカドタルタル
そしてこの淡白なチキンに、コクと清涼感のアボカドタルタルを乗せて。

安定のアボカドの濃厚さに、和風の醤油とマスタードのピリリ感。

さらにヨーグルトの滑らかさが、チキン全土に行き渡る。

あぁ、ここにリッツがあったら危なかった。

乗せて食べる爽やか系ソースとして、今後の活躍が期待できそうだ。

サラダ感覚に近い、本日の純白チキン。

またエナジーを貰いたい日に、必ずお呼びしたい逸品だった。

いつもご覧いただき、本当に感謝します(*‘∀‘)!
旨ブロレシピ本も是非ご覧ください(*‘∀‘)!
旨ブロ電子書籍
旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様