大皿の幸せ。柔らか鶏と夏野菜のバジルクミンこぶサラダ(糖質8.3g)

大皿の幸せ。柔らか鶏と夏野菜のバジルクミンこぶサラダ(糖質7.8g)

大盛りで美味しい野菜とお肉を、小脇に抱えて食事をする。

なんともワイルドな光景だが、それもサラダの魅力の一つである。

柔らかな鶏むね肉に、バジルを効かせた美味しいこぶソース。

オクラの粘り気も加わり、もはや主食として就職先は確定だろう。

本日ご紹介する、柔らか鶏と夏野菜のバジルクミンこぶサラダ

美味しいサラダを沢山作る、大家族様にもお勧めの逸品である。


スポンサー様

柔らか鶏と夏野菜のバジルクミンこぶサラダの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:10分糖質:8.3g脂質:20.9g塩分:3.2g
熱量:328kcalたんぱく質:動物 19.7g  植物 1.8g※上記データは1人分です。
柔らか鶏と夏野菜のバジルクミンこぶサラダ
まずは材料2人分)だ。

・鶏むね肉  200g(皮付き)
・プチトマト 4個(お好みで)
・おくら   1袋
・玉葱    1/4個

今回は鶏むね肉と野菜を、素敵な柔らかさで召し上がる逸品である。

そのため鶏むね肉は200gと少し半端だが、是非4人前にも挑戦して頂きたい。

柔らか鶏と夏野菜のバジルクミンこぶサラダ
次に調味料だ。

・ぽん酢   小さじ2
・塩     軽く8ふり
・黒胡椒   軽く4ふり
・クミン   小さじ0.5
・乾燥バジル 小さじ1
・マヨネーズ 大さじ2
・ケチャップ 大さじ2
・料理酒   大さじ1

さらに夏野菜と柔らかな鶏むね肉を包むのは、バジル感が容赦のないこぶソース。

ニコッと笑った瞬間に、前歯にバジルが登場しないようご配慮いただきたい。

柔らか鶏と夏野菜のバジルクミンこぶサラダ
まずは鶏むね肉を、麺棒でしっかりビシバシ叩くところから。

久しぶりの行程だが、いつでも快感を伴うこの作業。

サラダの快感との合わせ技で、心のコブも取り除かれるかもしれない。(コブサラダだけに)

柔らか鶏と夏野菜のバジルクミンこぶサラダ
室温が数度下がったところで、次は玉ねぎを1/4個みじん切りに。

夏野菜の女王である美味しい玉葱もまた、こぶサラダに欠かせない存在である。

この粒々感がもたらす食感も、大変テンションをあげてくれるだろう。

柔らか鶏と夏野菜のバジルクミンこぶサラダ
そして鶏むね肉に以下の調味料をまぶして、さらに玉ねぎを乗せておこう。

・塩     軽く4ふり
・料理酒   大さじ1

さらにこれをシリコンスチーマーで、600Wの4分30秒

しっとり柔らかさを念じつつ、加熱していただけるだろうか。

柔らか鶏と夏野菜のバジルクミンこぶサラダ
これを少し冷ましたら、最後はサイコロ状に小さくカット。

完成した柔らかチキンには、自らのエキスを沁みこませつつ他食材の完成をお待ちいただこう。

大人しく待ちつつも美味しく仕上がるとは、流石は最強食材である。

柔らか鶏と夏野菜のバジルクミンこぶサラダ
そして次は、オクラとトマトを小さくカットしていこう。

しかし正直、プチトマトはあまり必要ない

鮮やかさを演出するために選ばせていただいたが、オクラとチキンだけで十分美味しい。

このことは、プチトマトには内緒にしていただきたい。

柔らか鶏と夏野菜のバジルクミンこぶサラダ
では次に以下を混ぜ込み、バジルとクミンの薫り高いこぶソースを完成させよう。

・ぽん酢   小さじ2
・塩     軽く4ふり
・黒胡椒   軽く4ふり
・クミン   小さじ0.5
・乾燥バジル 小さじ1
・マヨネーズ 大さじ2
・ケチャップ 大さじ2

前述のように、バジルに関しては結構容赦のない感じで。

少し薄味で調整しているため、お好みで少し濃い目が良いかもしれない。

また乾燥バジルを使用するため、香りがなじむまで少しお待ちいただければ尚GOODである。

柔らか鶏と夏野菜のバジルクミンこぶサラダ
そしてこれを、食材達に存分に絡める。

私が小学生だった時も、同じくらい鮮やかになるまで砂場遊びに興じたものである。

しかしこの年齢で砂場遊びに興じれば、もはや事案かも知れない。

柔らか鶏と夏野菜のバジルクミンこぶサラダ
そんな不安を抱きつつ、大皿に乗せたらいざ完成だ。

しっかりめのバジルと仄かなクミンが包む、素敵なサラダをお楽しみいただきたい。


スポンサー様

低糖質の美味しさチェック

柔らか鶏と夏野菜のバジルクミンこぶサラダ
まるでデパ地下のお総菜売り場に迷い込んだ時の様な、わくわくするビジュアル。

100g298円!?と、エビマヨに驚くあのデパ地下である。

しかし本日は美味しいサラダが大皿で目の前にあり、あとはひたすら食べるだけ。

そんな幸せ感に包まれながら、いざ一口いただこう。

柔らか鶏と夏野菜のバジルクミンこぶサラダ
まずはしっとりと柔らかさを帯びた、鶏むね肉。

玉葱と一緒にスチームしたことで、旨さと共にしっかり保湿されている。

時折見せる鶏皮もまた、チキンサラダの美味しさの秘密である。

バジルとクミンのコブソースも、甘みとしょっぱさで大変良い感じである。

柔らか鶏と夏野菜のバジルクミンこぶサラダ
さらにオクラとトマトの野菜ペア。

トマトの甘みと酸味が、オクラのシャキシャキ感とマッチする。

鶏胸との相性はオクラ一択だが、オクラとトマトの相性は大変GOODである。

あぁ、野菜が本当に美味しい時期になってきた。

祖母の畑の胡瓜たちは、今年も規格外のサイズに成長しただろうか。

今年も夏野菜を楽しみまくりたい、野菜好きには応えられないサラダだった。


いつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
ご満足いただければ幸いです。
大皿の幸せ。柔らか鶏と夏野菜のバジルクミンこぶサラダ(糖質7.8g)

ご共有いただければ幸いです!
(当サイトはリンクフリーです)

こちらの記事もいかがですか?