音速レシピ。美味狙いうち黒ゴマ辛子チキンステーキ(糖質15.9g)

料理も食事も音速で。確実な美味を狙う黒ゴマ辛子チキンステーキ(糖質15.9g)

今日は美味しさとボリュームを徹底して追求したい、そんなメンタリズムだ。

これは旨い!!す、すごいボリュームだ!!

こんなことを一人で言って、盛り上がる気満々なのだ。

完全に美味しく焼き上げた鶏もも肉、旨みが恐ろしい黒ゴマ辛子ソース

この旬な二人から目が離せない逸品だ。

黒ゴマ辛子チキンステーキの美味しい糖質オフレシピ

費用:250円時間:7分糖質:15.9gたんぱく質:動物 47.1g  植物 1.0g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
写真 2016-06-11 13 22 53
まずは材料1人分)だ。

・レタス  4枚
・鶏もも肉 1枚(約250g)

とっても美味しいので、女性の方も是非一枚召し上がって頂きたい。

写真 2016-06-11 13 23 20
次に調味料だ。

・黒すりごま 大さじ2
・塩/黒胡椒  各軽く6ふり
・ぽん酢   大さじ1
・砂糖    小さじ0.5
・マヨネーズ 大さじ3
・和からし  小さじ1 
・片栗粉   小さじ2
・オリーブオイル 大さじ1

写真 2016-06-11 13 23 36
まずは鶏もも肉を、めちゃめちゃ美味しくかりっと仕上げよう。

今回は一枚そのままを使用する。

まずは皮以外の脂肪を取り除き、フォークで全体をプスプスして欲しい。

写真 2016-06-11 13 23 50
そして塩/黒胡椒を各軽く6ふり、シンプルな下味で攻めよう。

うちは塩胡椒だけで勝負しているから。

そう言いながらニヤリとすれば、あなたも立派な頑固ステーキ職人だ。

写真 2016-06-11 13 24 03
次に間違いない絶品黒ゴマカラシタレを作ろう。

・黒すりごま 大さじ2
・ぽん酢   大さじ1
・砂糖    小さじ0.5
・マヨネーズ 大さじ3
・和からし  小さじ1

味見をしていただければ「あ、これ間違いないやつだ」とご理解頂けるのではないだろうか。

写真 2016-06-11 13 24 14
さあ下味を数分間なじませたら、片栗粉を小さじ2入れてしっかりまぶそう。

これでステーキを焼く準備は万全だ。

写真 2016-06-11 13 24 32
ここで忘れないように、レタスを敷き詰めよう。

意外とフワッとなってイライラするレタスを綺麗に配置するには、せひ以下をご参照頂ければ嬉しい。

ふわっとしたレタスを綺麗に並べる簡単な方法と絶品10秒サラダ(画像付き)

写真 2016-06-11 13 24 51
さあ、いざ焼き作業に入ろう。

大さじ1のオリーブオイル強火で加熱。

2016カリッとジューシー祭の開幕だ。

写真 2016-06-11 13 25 02
まずは皮の面を下にして、強火で3分

投入後は一切触らず、鶏肉を信じて待とう。

写真 2016-06-11 13 25 18
そして中まで火を通すため、アルミホイルか蓋をしよう。

火傷しないように、ご注意いただきたい。

写真 2016-06-11 13 25 28
約3分、皮の面をカリッと焼き上げた。

ガストのチキンステーキにも負けないビジュアルだ。

写真 2016-06-11 13 26 04
次に裏返しにして、今度は中火で2分

先ほどのアルミホイルをもう一度かぶせよう。

写真 2016-06-11 13 26 14
まな板に乗せ、いい感じにカットすればOKだ。

官能的なこの色合い。

日焼けした女性がモテるのもうなずける。

写真 2016-06-11 13 27 33
ジューシーな断面図に「美味しそう」という心の声が漏れだす。

もしもっと火を通したのがお好みの場合、各焼きの工程に+1分して頂きたい。

写真 2016-06-11 13 27 47
レタスの上に乗せ、黒胡麻辛子ソースをかけたら完成だ。

男性が泣いて喜ぶ、見事に間違いないレシピだ。

低糖質の美味しさ実食

写真 2016-06-11 13 28 05
黒ゴマの香ばしさと、マヨネーズの濃厚さ。

ぽん酢の酸味と、程よく鼻を抜ける辛子。

お口が楽園だ。

少量の砂糖の働きも見逃せない。

黒ゴマソースをたくさんかけ、いっぱい頬張って頂きたい。

写真 2016-06-11 13 28 19
レタスと一緒に食べると、なお美味だ。

このソース、ドレッシングとしても非常に美味しい。

もう止まらない。ケロッグコンボ状態だ。

写真 2016-06-11 13 28 31
いいね~!いい表情だよ~!

もうアイドルの写真会状態だ。

このかわいこちゃんの写真をとるのに夢中だ。

最後はカリッと一番好きな、端っこの部分を撮影した。

鶏肉特有の、ずっしりとした満足感。

また是非作ってみたい、素敵な逸品だった。

いつも最後までご覧頂き、本当にありがとうございます。

ご満足いただければ幸いです。

FavoriteLoading記事をお気に入り!
スポンサーリンク