胃袋パワーボム。トマトクミンの煮込みタンドリーチキン(糖質4.8g)

胃袋パワーボム。トマトクミンの煮込みタンドリーチキン(糖質4.8g)

甘辛という名の、食卓最終兵器。

もし仮に、胃袋をブレーンバスターしたい方がいらっしゃるならば。

それは甘辛というテイストにお任せするのも、一つの手かも知れない。

その香華的な味付けは、全ての胃袋を駆逐するだろう。

本日ご紹介する、トマトクミンの煮込みタンドリーチキン

男性受けでこのレシピに並ぶものは、恐らく1000個くらいだろう。

トマトクミンの煮込みタンドリーチキンの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:30分糖質:4.8gたんぱく質:動物 41.8g  植物 0.0g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
写真 2017-03-04 18 53 02
まずは材料2人分)だ。

・鶏モモ肉 500g(約2枚)
・プレーンヨーグルト 大さじ3

こんなテンションの上がる食材があるだろうか。

何故ならもしこの二つの食材がキッチンにあれば、夕食はタンドリーチキンだと確信するからだ。

もしクリームシチューだった場合、その凹み方は恐らく描写できないレベルだろう。

写真 2017-03-04 18 53 17
次に調味料だ。

・塩/黒胡椒 各2ふり
・カレー粉  小さじ2
・ケチャップ 大さじ1
・クミン   小さじ1
・ナンプラー 小さじ1.5(醤油でもOK)
・有塩バター 10g
・大蒜チューブ 小さじ1

今回の味の決め手は、クミンとケチャップ。

甘辛さに香ばしさを加え、その深みを存分に楽しむ心意気なのだ。

写真 2017-03-04 18 53 27
まずは鶏もも肉2枚を、フォークで徹底して刺しまくっていこう。

大ボリュームの鶏もも肉をプスプスしていると、何かしら変な気分になってくる。

ここで上司の名前を小声で呟いているだけで、簡易版サイコ野郎の完成だ。

写真 2017-03-04 18 53 41
そしてこれを一口大にカットし、余分な脂肪は取り除いておこう。

鶏だけにトリ除いておこうね!

そんなD級のギャグが口をついてしまうほど、今の私はぐーぺこ状態。

これ以上空腹を放置すると、社会的地位を失うおやじギャグを披露しかねない勢いだ。

写真 2017-03-04 18 53 50
そしてこの鶏もも肉に、塩/黒胡椒を各2ふり。

軽く揉みこむ程度でOKなので、気楽な感じにやっちゃっていただきたい。

写真 2017-03-04 18 54 04
そして次に、本気モードの調味料漬け込み。

以下を入れた上で、約10分間の短期漬け込みを実践していただきたい。

・カレー粉  小さじ2
・ケチャップ 大さじ1
・クミン   小さじ1
・ナンプラー 小さじ1.5(醤油でもOK)
・大蒜チューブ 小さじ1

写真 2017-03-04 18 54 14
ぐふふ…。

ぐふふふ…!!(´◉◞౪◟◉)

(訳:美味しそうだなぁ)

写真 2017-03-04 18 54 25
ではここでフライパンに有塩バターを10g投入し、中火で加熱していこう。

ここから先は、全て中火。

じっくり美味しさを沁みこませながら、最高のテイストを完成させよう。

写真 2017-03-04 18 54 36
ではに鶏肉を全部投入し、中火でゆっくりと加熱していこう。

あまり動かさず、放置プレイを心に決め込んで。

ツンツンしたくなるが、ここは鶏肉のためにも心を鬼にしていただきたい。

写真 2017-03-04 18 55 00
表を8分ひっくり返してさらに8分

じっくりと火を通せば、部屋中が最高級のカレーフレグランスの香りに包まれる。

マハラジャの気分を楽しみながら、じっくりと楽しんでいただきたい。

写真 2017-03-04 18 55 20
そしてこれをお皿に盛り付けたら、さぁ完成だ。

最高に簡単ながら、ベリー美味しいトマトタンドリーチキン。

ブラジル産の鶏肉でも、臭みを綺麗に拭い去ってくれるだろう。

低糖質の美味しさチェック

写真 2017-03-04 18 55 30
日焼けしたお天気お姉さん

なぜか私の脳裏に飛び込んだ、そんな第一印象。

健康で魅力的な褐色系の美女のような、素晴らしいルックス。

こんな鶏肉に見つめられたら、我慢できるわけがないのだ。

写真 2017-03-04 18 55 48
早速美味しそうな物を選抜し、いざ一口。

ヨーグルトのマイルドさがコクに変わり、カレートマトの辛甘さが押し寄せる。

筋繊維が変化した食べ応えが、鶏もも肉の隙間隙間に居候している。

これは、結構な値段を払ってもいい系の美味しさだ。

写真 2017-03-04 18 55 58
そしてチキンの旨みとバターの入り交った、このカレーエキス。

このエキスで木綿豆腐を煮込んだら、さぞ美味しいだろう。

半熟卵を漬け込んだら、さぞ素敵な昼食になるだろう。

タンドリーチキン、なんて美味しいのだろう。

鶏肉のトリこになる

そんな恥ずかしいギャグがふさわしい、抜群の異国料理だった。

いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。

ご満足いただければ幸いです。

FavoriteLoading記事をお気に入り!
スポンサーリンク