柔らか肉に酸味と辛み。ランチドレッシングと濃厚チーズ鶏ピカタ(糖質7.6g)

柔らか肉に酸味と辛み。ランチドレッシングと濃厚チーズ鶏ピカタ(糖質7.6g)

柔らかいお肉と、しゃきしゃきの野菜。

糖質制限中にも体を満足させてくれる、黄金の組み合わせだ。

そんな美味しいご飯を食べている時は、糖質に対する欲望も薄れてくる。

本日は、美味しいランチドレッシングとチーズピカタの組み合わせをご紹介しよう。

疲れた体に柔らかい鶏肉がしみ込む、パワー系サラダレシピだ。

ランチドレッシングと濃厚チーズ鶏ピカタの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:10分糖質:7.6gたんぱく質:動物 23.5g  植物 0.2g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
写真 2016-08-15 19 22 14
まずは材料2人分)だ。

・鶏むね肉 250g(約1枚)
・たまご  1個
・サニーレタス 4枚

今回作るランチドレッシングは、濃厚なシーザーサラダのイメージだ。

このドレッシングで、冷蔵庫で寿命を全うする野菜たちが激減するだろう。

写真 2016-08-15 19 22 25
次に調味料だ。

・マスタード 小さじ1
・タバスコ  3ふり(なくてもOK)
・片栗粉   小さじ1
・粉チーズ  大さじ2
・大蒜チューブ 小さじ1
・塩/黒胡椒   各軽く6ふり
・マヨネーズ  大さじ3.5
・無糖ヨーグルト 大さじ3
・オリーブオイル 大さじ1

ビヒダスヨーグルト…。びひだす…?びひだすってなんだ?

ゲシュタルト崩壊にご注意だ。

写真 2016-08-15 19 22 38
まずは鶏むね肉の皮を取り除き、うすくスライスしよう。

お寿司にも使えるのではないかと、錯覚する綺麗な色合いだ。

写真 2016-08-15 19 22 46
これを一枚づつ、麺棒で柔らか叩きしていこう。

生徒指導の先生が、一人づつ不良にお説教をする要領だ。

美味しいご飯のための「教育的指導」ってやつだ。

写真 2016-08-15 19 22 58
教育的指導のあとは、塩/黒胡椒を各軽く6ふり

その状態で3分ほど寝かしたら、片栗粉小さじ1のご褒美を上げよう。

さっきは叩いてゴメンネ。

写真 2016-08-15 19 23 15
揉みこみが完了したら、艶やかな鶏肉の準備が完成だ。

生まれ変わった優等生鶏肉

その美しさにワクテカが止まらない。

写真 2016-08-15 19 23 25
次に美味しいランチドレッシングを作成しよう。

作り方は簡単。以下を混ぜ合わせるだけだ。

・マスタード 小さじ1
・タバスコ  3ふり(なくてもOK)
・大蒜チューブ 小さじ1
・マヨネーズ  大さじ2
・無糖ヨーグルト 大さじ3

写真 2016-08-15 19 23 42
野菜とも良く合う、酸味の利いたランチドレッシング。

このソースでセロリをポリポリ食べたら、見るからにデキる大人だ。

セロリ食べられないけど。

写真 2016-08-15 19 24 21
次にチーズピカタのタレを作成しよう。

これまた小3の進研ゼミの付録レベルに簡単だ。

・たまご  1個
・マヨネーズ  大さじ1.5
・粉チーズ  大さじ2

これらをしっかり混ぜ合わせよう。

写真 2016-08-15 19 24 30
混ぜ合わせたところに、先ほどの鶏肉をダイブ。

軽くコーティングしたら、準備OKだ。

写真 2016-08-15 19 24 52
まずはフライパンにオリーブオイルを大さじ1

今回は柔らかお肉に向けて、中火で調理していきたい。

写真 2016-08-15 19 25 02
十分に温まったら、一気にドン。

重ならないように並べたら、あとは一切触らず放置しよう。

まず片面を中火で3分だ。

写真 2016-08-15 19 25 18
次にひっくり返して、残ったソースとかも入れてしまおう。

裏返してからも中火で2分

美しい円形を損なわないように、ここも触らず放置しておこう。

写真 2016-08-15 19 25 51
あたー!っと気合を入れて。レタスの上にひっくり返したら完成だ。

たっぷりのランチドレッシングをかけて、召し上がって欲しい。

低糖質の美味しさ実食

写真 2016-08-15 19 26 04
マスタードのツブツブって、なぜこんなに美味しそうなのだろう。

もう発言がおデブちゃんだが、円形の肉を見せつけられてしまったら仕方ない。

周囲に「僕の物だからね」的な視線を投げつけよう。

写真 2016-08-15 19 26 22
柔らかいお肉をほじほじ。

そしてソースをたっぷり絡め、一口いただく。

少し酸味のあるソースと、柔らかな鶏肉が非常にマッチする。

マスタードの主張しすぎない辛味と、ニンニクの風味が旨さの絡み合いだ。

素晴らしいチーズの風味も、柔らか鶏をより一層際立てる。

写真 2016-08-15 19 26 31
そしてもちろん、レタスともドッキング。

しゃきしゃきの野菜と柔らかい鶏肉を繋ぎ合わせる、ランチドレッシングの旨みに感謝だ。

噛めば噛むほど、口の中はサブウェイサンドイッチの美味しさ

野菜がもっと好きになる逸品だ。

鶏むね肉、いつも美味しいご飯を有難う。

食材に感謝申し上げる逸品だ。

いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。

ご満足いただければ幸いです。

FavoriteLoading記事をお気に入り!
スポンサーリンク
柔らか肉に酸味と辛み。ランチドレッシングと濃厚チーズ鶏ピカタ(糖質7.6g)

シェア頂ければ幸いです。