酸味と辛み!ランチドレッシングと激柔濃厚チーズ鶏ピカタ(糖質4.2g)

酸味と辛み!ランチドレッシングと激柔濃厚チーズ鶏ピカタ(糖質4.2g)
スポンサー様

劇的に柔らかいお肉と、ねっとり濃厚な特製ソース。

この黄金の組み合わせはいつも、ダイエットを忘れさせてくれる。

特にタバスコを少し効かせた、濃厚ランチドレッシング

これは週5回食卓に並ぶ鶏むね肉を、新しい味わいに連れて行ってくれる。

それが本日のランチドレッシングと激柔濃厚チーズ鶏ピカタ!

疲れた体に柔らかい鶏肉がしみ込む、パワー系レシピだっ(*‘∀‘)!

2分でわかる簡単動画!


スポンサー様


ランチドレッシングと濃厚チーズ鶏ピカタの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:10分糖質:4.2g脂質:24.3g塩分:2.3g
熱量:376kcalたんぱく質:動物 33.7g  植物 0.3g※上記は1人分 調味料の糖質一覧:こちら 食材の糖質一覧:こちら
酸味と辛み!ランチドレッシングと激柔濃厚チーズ鶏ピカタ(糖質4.2g)
ではまずは材料2人分)から。

・鶏むね肉   250g(皮なし)
・たまご    1個
・無糖ヨーグルト 大さじ2

濃厚なシーザーサラダを彷彿とさせる、本日のランチドレッシング。

このドレッシングで、冷蔵庫で寿命を全うする野菜たちが激減するだろう。

酸味と辛み!ランチドレッシングと激柔濃厚チーズ鶏ピカタ(糖質4.2g)
そして次に調味料を。

・粒マスタード  小さじ1
・片栗粉     小さじ1
・粉チーズ    大さじ1
・おろし大蒜   小さじ1
・塩/黒胡椒    各軽く6ふり
・マヨネーズ   大さじ2.5
・タバスコ    お好みで
・オリーブオイル 大さじ1

ビヒダスヨーグルト…。

びひだす…?びひだすってなんだ( ゚Д゚)?

ヨーグルトのパッケージで、ちょっとゲシュタルト崩壊してしまった。

さらなる糖質オフを狙うなら!:本当にお勧めな糖質オフ調味料!🥫
隠れた名作揃い!:高たんぱく低糖質お勧めおつまみ!🍪

酸味と辛み!ランチドレッシングと激柔濃厚チーズ鶏ピカタ(糖質4.2g)
ではまずは鶏むね肉の皮を取り除き、パカッと縦に一刀両断。

さらに包丁を斜めに構え、1センチ幅に薄くスライスしよう。

お寿司にも使えるのではないかと錯覚する、こちらの薄い鶏むね肉さん。

ただ実際にお寿司にすると、保健所から営業停止を食らっちゃうのでご注意を。

酸味と辛み!ランチドレッシングと激柔濃厚チーズ鶏ピカタ(糖質4.2g)
そしてこれを一枚づつ、麺棒で柔らか叩きしていこう。

こちらは麺棒などの先端を使い、繊維をトントンと軽くほぐしていただければ幸いだ。

やり方としては、生徒指導の先生が、悪い生徒にお説教をする感じで。

教育的指導」ってやつである。

酸味と辛み!ランチドレッシングと激柔濃厚チーズ鶏ピカタ(糖質4.2g)
そして教育的指導のあとは、ご褒美として以下の調味料を揉みこもう。

・片栗粉     小さじ1
・塩/黒胡椒    各軽く5ふり

さっきは叩いてゴメンネ。

酸味と辛み!ランチドレッシングと激柔濃厚チーズ鶏ピカタ(糖質4.2g)
そして揉みこみが完了したら、さらに以下の調味料をしっかりと絡ませて。

ここではピカタの衣をまとわせるだけの、シンプル工程。

小3の進研ゼミくらい簡単なため、是非頑張っちゃっていただきたい。

・たまご     1個
・マヨネーズ   大さじ1
・粉チーズ    大さじ1

酸味と辛み!ランチドレッシングと激柔濃厚チーズ鶏ピカタ(糖質4.2g)
そして次に、以下を混ぜて美味しいランチドレッシングを作成しよう。

・粒マスタード  小さじ1
・おろし大蒜   小さじ1
・マヨネーズ   大さじ1.5
・無糖ヨーグルト 大さじ2
・タバスコ    お好みで

またタバスコはお好みで結構だが、入れると無茶苦茶に美味しい。

辛い物好きの私は、8ぱっぱくらいしちゃう所存である。

酸味と辛み!ランチドレッシングと激柔濃厚チーズ鶏ピカタ(糖質4.2g)
ではここからは、調理を開始しよう。

まずはフライパンに、オリーブオイルを大さじ1加熱して欲しい。

今回は高温を嫌う鶏むね肉のためにも、中火でお願いできるだろうか。

酸味と辛み!ランチドレッシングと激柔濃厚チーズ鶏ピカタ(糖質4.2g)
そして十分に温まったら、一気にドン

重ならないように並べたら、あとは一切触らず放置しよう。

そして焼き時間は、中火で片面3分30秒とひっくり返してさらに3分間

合計6分30秒、じっくり焼き上げていただきたい。

またひっくり返す際は、一度お皿に移してからひょいっ!としていただくと大変簡単である。

酸味と辛み!ランチドレッシングと激柔濃厚チーズ鶏ピカタ(糖質4.2g)
そして最後はドレッシングをドバドバかけていただき、いざ完成である。

憧れの羽餃子かと一瞬疑う、真ん丸綺麗な円形チキン。

お好みで追いタバスコを付けて、モリモリ召し上がっていただきたい。召し上がって欲しい。

低糖質の美味しさチェック

酸味と辛み!ランチドレッシングと激柔濃厚チーズ鶏ピカタ(糖質4.2g)
マスタードの粒粒とは、なぜこれほどまでに美味しそうなのだろう。

もし粒マスタードが野生の動物だったら、真っ先に絶滅していたに違いない。

それほど粒マスタードの薫りと見た目は、肉食動物を刺激する。

さぁさぁ、目の前のお肉はすべて私の物だ。

周囲に「僕のだからね」的な視線を投げつけよう。

酸味と辛み!ランチドレッシングと激柔濃厚チーズ鶏ピカタ(糖質4.2g)
そして早速、柔らかいお肉をほじほじ。

そしてソースをたっぷり絡め、一口いただく。

少し酸味のあるソースと非常にマッチする、柔らかな鶏肉。

マスタードの主張しすぎない辛味と、ニンニクの風味が引き立て合うように絡み合うだ。

あぁ、濃厚で凄く美味しい。

素晴らしいチーズの風味も、柔らか鶏をより一層際立てているではないか。

酸味と辛み!ランチドレッシングと激柔濃厚チーズ鶏ピカタ(糖質4.2g)
そしてここで、タバスコも突如乱入させて。

あぁ、美味しい。

噛めば噛むほど、口の中はサブウェイの美味しさに包まれる

ちなみに地下鉄味なのではなく、美味しいサンドイッチに似てるね(*‘∀‘)!と言いたかったのだ。

野菜がもっと好きになる、食欲がリピートされる美味しい一口。

鶏むね肉、いつも美味しいご飯を有難う。

食材に感謝申し上げる、元気の溢れる逸品だった。

旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様