トロネギ最高!味噌塩麴の柔らか辛子マヨ鶏むねネギマ(糖質9.7g)

トロネギ最高。味噌塩麴の柔らか辛子マヨ鶏むねネギマ(糖質9.7g)
スポンサー様

葱を一番沢山食べられるレシピは、ずっと葱焼きだと思っていた。

丸ごと1本ペロリとイケる、あのネギ好きホイホイレシピだと。

しかし今日、とんでもないダークホースに気が付いた。

1本どころか2本ペロリの、極上柔らかネギマ串の存在に。

本日ご紹介する、味噌塩麴の柔らか辛子マヨ鶏むねネギマ

葱が本当に美味しい、トロトロの甘さを存分にご堪能いただける逸品だ!

スポンサー様


味噌塩麴の柔らか辛子マヨ鶏むねネギマの美味しい糖質オフレシピ

費用:150円時間:60分糖質:9.7g脂質:11.9g塩分:3.1g
熱量:297kcalたんぱく質:動物 33.6g  植物 1.5g※上記は1人分/調味料の糖質一覧:こちら 食材の糖質一覧:こちら
味噌塩麴の柔らか辛子マヨ鶏むねネギマ
ではまずは材料2人分)から。

・鶏むね肉  300g(皮なし)
・長ネギ   中2本

思う存分ネギマパが楽しめる、本日の食材達。

皆様の大好きなご自宅飲みは、いったいどのような感じなのだろう。

すごく興味がある。

味噌塩麴の柔らか辛子マヨ鶏むねネギマ
そして次に調味料を。

・塩      軽く4ふり
・黒胡椒    軽く6ふり
・塩麴     大さじ1
・味噌     大さじ1
・マヨネーズ  大さじ2
・和からし   小さじ0.5
・おろし大蒜  小さじ1

そして味付けは、トロリ葱と大変良く合う味噌塩麴

もも肉にも負けない食感で、さらに水分のとんだ味噌タレが大変にご馳走である。

さらなる糖質オフを狙うなら!:本当にお勧めな糖質オフ調味料!🥫
隠れた名作揃い!:高たんぱく低糖質お勧めおつまみ!🍪

味噌塩麴の柔らか辛子マヨ鶏むねネギマ
では早速、本日の食材の下処理から行おう。

まずは鶏むね肉300gの皮を取り、小さめの一口サイズにカットしよう。

もも肉に負けない食感を求める、本日の山盛りネギマ作戦

エヴァンゲリオンのヤシマ作戦みたいで、カッコいいネーミングにも満足である。

味噌塩麴の柔らか辛子マヨ鶏むねネギマ
そしてさらに以下の調味料を揉み込み、約20分程放置していただきたい。

・塩     軽く4ふり
・塩麴    大さじ1
・マヨネーズ 大さじ1
・味噌    大さじ1
・おろし大蒜 小さじ1

また揉み込む際、鶏むね肉全体にフォークで穴を開けていただけるだろうか。

味噌塩麴の柔らか辛子マヨ鶏むねネギマ
そして次に、2本分の長ネギも3㎝幅にカットしよう。

白い部分は串に刺しやすいが、青い部分はどうしようかな。

そんなネギネギしいお悩みをお持ちなら、青い部分はまとめて刺すという解決策も。

白ネギ・鶏むね・青ネギのフォーメーションで、飽きの来ない王道ネギマを作成しよう。

味噌塩麴の柔らか辛子マヨ鶏むねネギマ
さらに漬け込みが終わったら、鶏肉とネギを竹串に交互に刺していこう。

葱ぃ~♪ 鶏肉ぅ~♪ ネギぃ~♪

そんなリズムでプスプスさせば、意外と簡単・5分作業。

さらにオーブンの熱に耐えられるように、竹串の持ち手の部分にはアルミホイルをクルリしておこう。

完成後はクッキングペーパーにずらりと並べ、できるだけ重ならないように配置しよう。

また残った漬け込みタレも上にかけ、さらに黒胡椒も軽く3パッパしていただけるだろうか。

味噌塩麴の柔らか辛子マヨ鶏むねネギマ
あとはこちらを、予熱なし250度のオーブンで焼き上げるだけ。

そのお時間は片面20分の、ひっくり返して8分間

激盛りネギマ祭の開催まで、あと28分…。

私はこの間に洗い物を終え、洗濯物を畳み、激盛りネギマたちを万全の態勢で迎え入れねばならない。

生活感すごいな。

味噌塩麴の柔らか辛子マヨ鶏むねネギマ
そして忘れてはならぬ、美味しいマヨからしタレもご用意いただこう。

こちらの作り方は、以下を混ぜるだけ。

シンプルながらトロトロネギマとの相性は、部活終わりのペヤング並みに抜群だ。

・黒胡椒   軽く3ふり
・マヨネーズ 大さじ1
・和からし  小さじ0.5

味噌塩麴の柔らか辛子マヨ鶏むねネギマ
最後はやけどにお気を付けいただき、ずらりと並べればいざ完成だ。

数百円で激盛り8本完成する、本日の柔らかトロトロネギマ。

葱の甘さと胸肉の柔らかさが、優しさや思いやりを教えてくれる逸品だ。

低糖質の美味しさチェック

味噌塩麴の柔らか辛子マヨ鶏むねネギマ
オーブンで胸肉を焼き上げる際、どうしてもその硬さが気になってしまう。

水分を飛ばして、旨味を凝縮する。

きっとその工程が、強靭な胸肉の繊維をぎゅっとしちゃうのだろう。

ただ今回はその繊維を、マヨと塩麴でがっつりほぐしてある。

では早速、柔らかなその一口をパクリといただこう。

味噌塩麴の柔らか辛子マヨ鶏むねネギマ
ネギマって、なぜこんなに美味しいのだろう。

以前作成させていただいた、鶏むね肉だけのクミン焼き鳥。

勿論非常に美味しかったのだが、トロトロ葱の存在感って大切だ。

まるで漫才の様に、お肉ですっ!ネギですっ!と、交互に飛び出してくる。

トロトロネギに、マヨと味噌塩麴…。

これはどえらいことになりましたなぁ…!

味噌塩麴の柔らか辛子マヨ鶏むねネギマ
謎のテンションが生まれたところで、さらに辛子マヨを付けて。

この濃厚な乳化した甘みとコク、辛子マヨの粘り気のある和の辛さ。

あぁ、これは非常に美味しい

葱の甘辛味噌和えのような、野菜の旨味がぎゅっと閉じ込められている。

ダイエット中でもモリモリ行ける、葱が最高に活躍する味わいだ。

ご自宅ネギマ、また必ず作りたい逸品だった。

いつもご覧いただき、本当に感謝します(*‘∀‘)!
旨ブロレシピ本も是非ご覧ください(*‘∀‘)!
旨ブロ電子書籍
旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様