飛び出せ旨み。黄金塩昆布ほぐしチキンはとっても美味。(糖質3.6g)

飛び出せ旨み。黄金塩昆布ほぐしチキンはとっても美味。(糖質3.6g)

沁みだす系の旨みは、誰とでも仲良くできる。

ホタテやするめ、イワシや煮干し…。

特に海鮮系の奴らは、沁みだすことにかけて超一流だ。

そしてその中でもトップクラスの使いやすさ、塩昆布部長

本日はしっとりほぐしチキンと塩昆布の、魅惑のコラボをご紹介しよう。

心地良く沁みだした旨みに、笑顔がこぼれる逸品だ。

黄身塩昆布ほぐしチキンの美味しい糖質オフレシピ

費用:180円時間:6分糖質:3.6gたんぱく質:動物 37.6g  植物 1.1g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-18-39-16
まずは材料2人分)だ。

・鶏むね肉 300g
・塩昆布  15g
・小葱   1/8袋
・たまご  2個

初めて塩昆布を食べた日の、旨みへの驚き。

この旨みをチキンに纏わせるなんて、まさに大人の悪戯だ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-18-39-28
次に調味料だ。

・白ごま  大さじ1
・ラー油  5プッシュ
・塩    軽く6ふり
・料理酒  小さじ2
・マヨネーズ 小さじ2

調味料もシンプルに留め、今回は塩コン部長に全てをゆだねる。

50代の大人の色気というものを、見せて貰おうじゃないか。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-18-39-44
ではしょっぱなから、塩昆布の旨みを奪還しよう。

卵を二個割り、白身1個分を取り除くという、メンドクサイこだわり。

ここに塩昆布を15g投入し、じわりじわりと味を奪う。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-18-39-52
旨み成分をビシバシ搾り取ったこの黄身卵、もうそれだけで美味しいのだ。

卵かけご飯としても活躍するが、本日はしっとりほぐしチキンにお任せしよう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-18-40-04
そして今回も、鶏むね肉をビシバシ叩く。

え?どのくらい叩くかって?

繊維がほぐれて、戦意がなくなるまでだ。
(お上手)

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-18-40-17
そして鶏肉に塩を軽く4ふり、お酒を小さじ2ふりかけて、シリコンスチーマーにダイブだ。

非常に簡単な行程だが、これが最も簡単・美味なほぐしチキンの作り方だ。

今日ぼく、ほぐしチキンが食べたい!

いつの日か、こんなセリフを耳にしたいものだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-18-40-28
これをレンジで600W4分30秒加熱すれば、しっとりチキンが完成する。

この底にある鶏エキス、通称ニワトリ達の煌めきは絶対に捨ててはいけない。

塩昆布との相性が最高な、絶品スープなのだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-18-40-37
これを少し冷まし、チキンを手で解体しよう。

すっすっとほぐれる感覚は、まさに至極。

これをニワトリ達の煌めきに浸し、しっとり感を爆増させよう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-18-40-46
後は最高に簡単。

先ほどの黄身塩昆布と、以下を同時に混ぜれば完成だ。

・白ごま  大さじ1
・ラー油  5プッシュ
・マヨネーズ 小さじ2
・小葱   1/8袋

307
お皿に盛り、黄身チキンが黄金の輝きを放ったら完成だ。

稀に輝かないケースもあるようだが、たぶん命に別条はないだろう。

低糖質の美味しさチェック

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-18-41-29
色っぽいカラーリングのしっとりほぐしチキン。

食べ応えも満点のため、ご飯の代わりにモリモリいくのも最高だ。

鶏胸肉の弱点、もさもさ感も皆無だ。

さぁ、もりもり食べよう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-18-41-53
ごそっとお箸で引きあげ、そして一気に頬張る。

うん、知ってた。

不味いわけがないと、直感が教えてくれていた。

昆布の旨みと胡麻の香ばしさ、黄身の柔らかさと鶏肉の歯ごたえ。

鶏むね肉も逃げ出す、とんでもない旨さだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-18-42-02
この金色スープに、全てが溶け出している。

チキンと昆布とネギと胡麻。

そして少量のマヨが、何とも言えない濃厚感を引き出している。

全ての塩コン部長のファンに届けたい、大変美味しい逸品だ。

ただ、トップバリュの塩昆布を使った件は見逃して欲しい。

ゴメンネ、株式会社くらこんさん。

いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。

ご満足いただければ幸いです。

FavoriteLoading記事をお気に入り!
スポンサーリンク