見た目もサプライズ。油揚げサニーレタスのたまご納豆サンド(糖質8.1g)

見た目も味もサプライズ!油揚げとサニーレタスのたまご納豆サンド(糖質8.1g)

珍しくて美味しいごはんを喜んでもらえた時の感動は格別だ。

また頑張って美味しいものを作ろうと、お料理意欲が湧いてくる。

日曜日の今日は見た目にもサプライズなサンドイッチをご紹介したい。

非常に美味しくて、とても健康的な逸品だ。


スポンサー様

油揚げとサニーレタスのたまご納豆サンドの美味しい糖質オフレシピ

費用:150円時間:15分糖質:8.1gたんぱく質:動物 18.6g  植物 17.5g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
写真 2016-05-29 18 50 41
まずは材料1人分)だ。

・納豆  1パック
・たまご 3個
・油揚げ 2枚
・サニーレタス 2枚

写真 2016-05-29 18 52 31
次に調味料だ。

・醤油 大さじ1
・七味唐辛子 4ふり
・マヨネーズ 大さじ4

今日のご飯は、シンプルに攻め込もう。

写真 2016-05-29 18 54 38
最初はサニーレタスを洗い、水気を切っておこう。

大きめを2枚ご用意頂きたい。

写真 2016-05-29 18 56 50
次に、お鍋半分くらいのお湯を沸かそう。

いつの日か、ボタン一つで沸騰させられるIHが完成するかもしれない。

もし完成したら、わんぱくなお子様から完全隔離されるだろう。

写真 2016-05-29 18 58 25
次に油揚げを二枚茹でて、油抜きをしよう。

油抜きのためと、中に空洞を作るためだ。

大体2分間、グラグラ温泉タイムだ。

写真 2016-05-29 19 01 24
油抜きをしたら、水気をわんさか取り除こう。

美味しいサンドイッチに水気は不要だ。

写真 2016-05-29 19 03 16
さらにキッチンペーパーで追い打ちをかけよう。

水気のある食材の世界では、スパイの拷問にも使われているのだろうか。

写真 2016-05-29 19 00 18
次にふんわりクランブルエッグを作ろう。

たまご3個を割り、お箸で2.3回ぐるぐるっとしよう。

写真 2016-05-29 19 06 31
30秒程度でしっかり味が絡む、スクランブルエッグの完成だ。

簡単な作りかたは、以下をご参考いただければ幸いだ。

参照:わずか30秒。料理をふんわり包むスクランブルエッグの作り方(写真付き)

写真 2016-05-29 19 07 28
これに、以下の調味料を混ぜよう。

・醤油 大さじ1
・七味唐辛子 4ふり
・マヨネーズ 大さじ4

基本的に間違いのない、調味料界のスター達だ。

写真 2016-05-29 19 10 16
さらに納豆を追加しよう。

タレもカラシもいれて、徹底して混ぜていただきたい。

写真 2016-05-29 19 10 38
これをINしよう。

明らかにスクランブルエッグたちが驚いている。

写真 2016-05-29 19 11 25
これを無慈悲にかき混ぜよう。

ん?この人、意外と悪くないかも?

スクランブルエッグが心を許したら、OKだ。

写真 2016-05-29 19 27 11
次に水気を驚異的に切った油揚げを、トースターで両面カリッと焼こう。

時間の目安は、片面5分だ。

写真 2016-05-29 19 31 10
完成したら端を切って、中に先ほどの具材を詰め込もう。

納豆の粘り気のおかげで、非常に詰め込みやすい。

写真 2016-05-30 9 12 43
最後に、サニーレタスを巻いたら完成だ。

今回のサンドイッチ、野菜が外側。

モスバーガーの菜摘スタイルだ。


スポンサー様

低糖質の美味しさチェック

写真 2016-05-30 9 13 45
ではまず一口。

サニーレタスと納豆とたまご、まさに大好きな味

そして少し顔を出す唐辛子が素晴らしい。

カリッと焼かれた油揚げの、食感と食べ応えは最高だ。

写真 2016-05-30 9 14 26
食べ応えに関しては、サンドイッチはトップクラスだ。

全部の具材の美味しさを一口に凝縮できる、心躍る料理法に乾杯しよう。

いやぁ、納豆とは素晴らしい食材である。

たっぷりずっしり、大満足のご飯だった。

美味しい納豆テイスト、ご馳走様でした。

また是非作ってみたい、素敵な逸品だった。


いつもご覧頂き、本当にありがとうございます。
ご満足いただければ幸いです。
見た目も味もサプライズ!油揚げとサニーレタスのたまご納豆サンド(糖質8.1g)

ご共有いただければ幸いです!
(当サイトはリンクフリーです)

こちらの記事もいかがですか?