麺の誘惑に打ち勝つ白滝肉ニンニクマヨ油そばは86点でした(糖質8.5g)

突如訪れる麺の誘惑に打ち勝つ白滝肉ニンニクマヨ油そばは86点でした(糖質制限)

また今週も例外なく訪れる麺の誘惑。

白米の誘惑より、個人的に4倍はあると思われるこの誘惑。

みなさまはどのようにご回避されていらっしゃいますでしょうか。(お天気お姉さん風)

今日は白滝を使った美味しい油そばをご紹介したい。

かなり美味だが、86点の評価になった理由までご説明したい。

余談だが、通常の麺で作ると間違いなく旨い逸品だ。

白滝肉ニンニクマヨ油そばの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:15分糖質:8.5gたんぱく質:動物 17.1g  植物 0.8g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
写真 2016-04-16 17 46 12
まずは材料2人前)だ。

主役の白滝は、お気に入りの商品を選ぼう。

・白滝   2袋
(これは一袋170g)
・ネギ   1本
・たまご  1個
・ニンニク 1片
・豚ひきにく 150g

写真 2016-04-16 17 56 11
次に調味料だ。

・醤油   大さじ2.5 ・ごま油  大さじ2.5
・純米黒酢 大さじ1 ・砂糖   小さじ0.5
・ラー油  2プッシュ ・塩/胡椒  各2ふり
・白炒りごま 大さじ2 ・マヨネーズ 大さじ1
・鶏ガラスープ 小さじ0.5 ・オイスターソース 大さじ1

写真 2016-04-16 17 58 29
今回も黒ゴマ油にご登場いただいた。

もう彼から離れられないのか。

写真 2016-04-16 17 51 47
まずは肉ネギタレを作ろう。

お店でたくさん乗っていると嬉しいアレだ。

一口ちょうだいと友達が言ってくるアレだ。

ネギとニンニクを、包丁でみじん切りにしていただきたい。

写真 2016-04-16 17 57 40
みじん切りにしたら、分けておこう。

加熱タイミングが少し異なるのだ。

写真 2016-04-16 17 58 02
ではフライパンに、ごま油を大さじ0.5投入しよう。

やはり黒ゴマ油は香りが素晴らしい。

写真 2016-04-16 17 58 56
そして先ほどのニンニクを投入しよう。

すこし焦げ目がつけばOKだ。

写真 2016-04-16 17 59 41
次にひき肉を入れよう。

大好きな香りだ。

ここからは常に強火で調理して欲しい。

写真 2016-04-16 18 01 05
豚肉なのでしっかり火を通そう。

こういう一言も周囲への料理上手アピールになるかもしれない。

少し大きめの声で言おう。

写真 2016-04-16 18 02 01
豚ひき肉に火が通ったら、以下を投入して30秒程度炒めよう。

・みじん切りネギ
・塩/胡椒   各2ふり
・白炒りごま 大さじ1
・マヨネーズ 大さじ1

写真 2016-04-16 18 14 23
さあ、豚ねぎタレの完成だ。

この段階で既に旨い。

間違いない味付けだ。

機嫌の悪い小学生くらいなら、一口でニコニコだ。

写真 2016-04-16 18 18 23
次に混ぜタレを作ろう。

・醤油   大さじ2.5
・ごま油  大さじ2
・純米黒酢 大さじ1
・砂糖   小さじ0.5
・白炒りごま 大さじ1
・鶏ガラスープ 小さじ0.5
・オイスターソース 大さじ1

これらを混ぜ合わせておこう。

黒酢が最高に良いアクセントだ。

写真 2016-04-16 18 22 31
これを強火で30秒程度煮詰めよう。

最初に油などは必要ない。

すぐに完成するのでご注意を。

写真 2016-04-16 18 24 11
器に入れたら最後にラー油を2プッシュだ。

ラー油が苦手な方はなくてもOKだ。

写真 2016-04-16 18 25 55
さあ主役の登場だ。

上手な処理で限りなく美味しい麺に進化する。

まずは半分に。

普通の麺の長さにしっかりと併せよう。

ちなみにこの段階でかなり独特の香りがする。

この香りが苦手な方もいらっしゃるだろう。

写真 2016-04-16 18 29 01
お鍋にたっぷりとお湯を沸かそう。

写真は少し量が少なすぎたかもしれない。

もっともっとだ。

写真 2016-04-16 18 29 46
強火で3分、しっかりと茹でよう。

この処理で香りも大方取れる。

でもまだこれでは終わらせない。

私たちの青春は、まだまだこれからなのだ。

写真 2016-04-16 18 34 07
茹でたらざるに上げ、冷水で洗いしっかりと水分を切ろう。
写真 2016-04-16 18 36 03
更に、これを鍋で炒めよう。

強火でしっかりと。

テフロン加工ならば油は必要ない。

かなり徹底して炒めて水分を飛ばし、食感を良くしよう。

写真 2016-04-16 18 39 13
目安として強火で3分ほど炒める。

段々と色が透明になり、混ぜる箸に独特の重みがかかってくる。

遠慮なく炒め、徹底して水分を取ろう。

写真 2016-04-16 18 40 37
このように、お鍋の底には結構な水分が残っている。

これが炒めて取り出せた水分だ。

先ほどの器にお鍋を傾けてがーっと入れた場合、この水分も入ってしまうので注意して欲しい。

写真 2016-04-16 18 19 30
同時に温泉卵を作ろう。

40秒ほどで完成するので心配ご無用だ。

卵とほぼ同サイズのレンジ加熱可能な容器に卵を割り入れよう。

必ず箸で、黄身を3カ所ほど突き刺しておこう。

写真 2016-04-16 18 19 46
次に、覆いかぶさるほどの水を入れよう。

これは気持ち多めの方が、成功率も高い。

写真 2016-04-16 18 20 50
これをレンジでラップ無しで30秒ほど加熱しよう。

20秒くらいから様子を見たほうが良い。

最高にいい感じの温泉卵が完成する。

ただ容器が四角だったため、少し四角になった。

これもまた一興。

突如訪れる麺の誘惑に打ち勝つ白滝肉ニンニクマヨ油そばは86点でした(糖質制限)
バッチリ絡めた上に、温泉卵を乗せたら完成だ。

豚ねぎタレが最高に美味しそうだ。

低糖質の美味しさ実食

久しぶりの麺だ。

麺といっても白滝だが、下処理で彼も心を入れ替えたはずだ。

写真 2016-04-17 9 50 08
麺を持ち上げた感触もOKだ。

通常の麺と遜色ない。

そして味は…。かなりうまい

白滝のあの臭いと、独特の味もほとんどない。かなり麺感が出ている。

何よりも、タレと豚ねぎタレが多い場所に当たった時、最高に油そばだ。

マヨネーズのコクも、最高に油そば感を出している。味は90点台。(甘評価)

写真 2016-04-17 9 50 43
そしてなにより、タレとの相性が抜群だ。

麺を食べている!という実感を持たせてくれる、なかなかの一品だ。

…ただ86点だ。

なぜならばやはり「白滝独特の舌触り」が克服できなかった。

味もOK、のど越しや感触もOK。ただ「舌触り」だ。

麺ではこの舌触りが非常に大切なのだと思い知らされた。

納得行くまで続けてみたい。

ただ結構な満足感だ。とても美味しかった。

白滝の神様、どうもありがとう。

いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。

ご満足いただければ幸いです。

FavoriteLoading記事をお気に入り!
スポンサーリンク
突如訪れる麺の誘惑に打ち勝つ白滝肉ニンニクマヨ油そばは86点でした(糖質制限)

シェア頂ければ幸いです。