熱々激うま。まるごと味噌葱チーズマヨチキン焼き(糖質5.2g)

熱々激うま。まるごと味噌葱チーズマヨチキン焼き(糖質5.2g)
スポンサー様

いつまでも心をつかんで離さない、美味しい葱焼き。

みじん切りにして水分を飛ばせば、味噌との相性も極悪だ。

さらにそれをマヨチーズと合わせ、柔らかチキンに乗せてしまえば。

もはや手をブンブン振り回したくなる、熱々の逸品に。

それが本日の、まるごと味噌葱チーズマヨチキン焼き

唯一のお約束は、必ず焼きたてをお召し上がりいただきたい。

スポンサー様


まるごと味噌葱チーズマヨチキン焼きの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:40分糖質:5.2g脂質:9.9g塩分:1.8g
熱量:247kcalたんぱく質:動物 30.2g  植物 0.9g※上記は1人分/下茹で用未換算
まるごと味噌葱チーズマヨチキン焼き
ではまずは、材料2人分)から。

・長ネギ    1本
・溶けるチーズ 1枚
・鶏もも肉   300g

鶏皮を取り除くため、実はヘルシーな本日の逸品。

葱味噌チーズをチキンと焼くとは、ちゃんちゃん焼きの鮭もびっくり仰天だ。

まるごと味噌葱チーズマヨチキン焼き
そして次に調味料を。

・塩     軽く2ふり
・味噌    小さじ2
・塩麴    小さじ2
・蜂蜜    小さじ0.5
・おろし大蒜 小さじ0.5
・マヨネーズ 小さじ1

さらに少量の蜂蜜で、香ばしい味噌に抗えぬ甘みも追加。

むちゃくちゃ厳しい体育の先生が、体育館の裏でウサギを飼っていたような嬉しいツンデレだ。

まるごと味噌葱チーズマヨチキン焼き
では早速、本日の食材達の下処理から始めよう。

まずは鶏もも肉300gの皮を取り、一口サイズにカッティング。

もちろんお好みで鶏皮つきでもOKだが、本日はチーズで十分味わい深い

ここは冷蔵庫にお引越しいただき、週末の鶏皮チップに転職していただこう。

まるごと味噌葱チーズマヨチキン焼き
さらにカット後は以下の調味料を、15分間ほど漬け込んでいただきたい。

・塩     軽く2ふり
・塩麴    小さじ2
・おろし大蒜 小さじ0.5

柔らかさと香ばしさを兼ね備えた、シンプル塩麴大蒜味。

ポテトチップスの新味としても、きっと活躍するだろう鉄板テイストだ。

まるごと味噌葱チーズマヨチキン焼き
そしてお次は、長ネギを丸ごと一本みじん切りに。

ここはぶんぶんチョッパー先生、もしくはフードプロセッサーをご利用いただくと大変かんたん。

大学時代に何度も作成した絶品ネギ塩丼を思い出す、この光景。

ちなみにその味付けは、葱と塩と焼き肉のたれ。

1日50円でかろうじて生存していた、命の大切さを感じるビジュアルである。

まるごと味噌葱チーズマヨチキン焼き
さらにそのみじん切りネギに、以下の調味料を加えよう。

・味噌    小さじ2
・蜂蜜    小さじ0.5
・マヨネーズ 小さじ1

こちらは少し放置すると、浸透圧で水分が飛び出してくる。

チキンの上にかける工程では、その水分を取り除いていただきたい。

まるごと味噌葱チーズマヨチキン焼き
では鶏もも肉の漬け込みが終了したら、早速オーブンで焼き作業を始めよう。

まずはクッキングペーパーの上に、重ならないようにチキンを配置。

すし三昧のチラシをガン見してしまう程、空腹感が押し寄せてきた。

まるごと味噌葱チーズマヨチキン焼き
そしてまずは、予熱なし250度のオーブンで12分間

最初はもも肉だけに熱を加え、柔らかチキンを誕生させよう。

コンビニレジ横で実演販売すれば、毎月のNETFLIX代くらい稼げそうな香りだ。

まるごと味噌葱チーズマヨチキン焼き
さらに12分後は1度取り出し、まずは上にネギ塩をぬりぬり

雨で公園に遊びに行けないお子様がいらっしゃれば、砂場感覚でぬりぬりしていただこう。

まるごと味噌葱チーズマヨチキン焼き
加えてその上に溶けるチーズ1枚を、ちぎりながら満遍なく配置。

こちらも日本地図の様に配置すれば、お子様の食育にも最高だ。

最後はもう一度、250℃のオーブンで13分間焼き上げていただけるだろうか。(計25分

まるごと味噌葱チーズマヨチキン焼き
さぁこれにて、熱々味噌葱チーズマヨチキン焼きの完成だ。

あとは冷めないうちに、タップリお召し上がりいただきたい。

ゲームをなかなかセーブしないお子様には、鬼の形相でご飯だよ…( ゚Д゚)と伝えていただけるだろうか。


スポンサー様


低糖質の美味しさチェック

まるごと味噌葱チーズマヨチキン焼き
まるでラザニアのようなビジュアルに、香りはナイスな焼き鳥屋さん。

香ばしく焼きあがった葱の香りが、エキスと共に充満する。

葱とチキンのエキスが絡まり、パサパサ感も完全予防

では早速、熱々をパクリと頂戴しよう。

まるごと味噌葱チーズマヨチキン焼き
あぁ、葱の旨味が濃い

そして薄くカリカリに仕上がったチーズに、大変ナイスにマッチする。

柔らかな鶏もも肉、味噌マヨ風味のネギ塩、これは胃袋が目覚める美味しさだ。

熱々でジューシー、鶏もも肉の美味しさが全開ではないか。

まるごと味噌葱チーズマヨチキン焼き
そして葱とチキンが生み出した、旨味プール

この半身浴のお陰で、パサパサに焼きあがることもなし。

おもむろに鶏もも肉を持ち上げて、浸してパクリ。

この熱々の一口のために、今日私は頑張っちゃったのかもしれない。

コンビニで傘をパクられたことも、なんのその。

全てのお疲れが旨味に変わる、何とも元気の出る逸品だった。

いつもご覧いただき、本当に感謝します(*‘∀‘)!
旨ブロレシピ本も是非ご覧ください(*‘∀‘)!
旨ブロ電子書籍
旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様