夏バテお別れ。マリネ風鶏むねのオクラ辛味噌バジル(糖質4.3g)

納得の柔らかさ。マリネ風鶏むねのオクラ辛味噌バジル(糖質4.3g)

バジルの風味と辛味噌を、ビンビンに効かせる。

そこにプリプリで柔らかい、しっとりチキンを絡めてしまう。

100g58円の鶏胸肉に出会った時、沢山の美味しさを楽しみたい。

そしてその一つに、味噌バジルのテイストを加えてはどうだろうか。

本日ご紹介する、マリネ風鶏むねのオクラ辛味噌バジル

柔らかな旨みに、つまみ食いの猛襲が危惧される逸品だ。


スポンサー様

マリネ風鶏むねのオクラ辛味噌バジルの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:35分糖質:4.3g脂質:15.2g
塩分:1.2g 熱量:272kcalたんぱく質:動物 33.7g  植物 2.5g
※上記データは1人分です。茹で用食材・調味料の換算なし。
マリネ風鶏むねのオクラ辛味噌バジル(糖質4.3g)
まずは材料2人分)だ。

・鶏むね肉 300g(皮なし)
・オクラ  1袋

今回の味噌バジルは、まさに和のテイスト。

そのためオクラの粘り気にもご協力いただき、纏わりつく美味しさに仕上げたい。

マリネ風鶏むねのオクラ辛味噌バジル(糖質4.3g)
次に調味料だ。

・乾燥バジル 小さじ1
・すりごま  小さじ2
・豆板醤   小さじ1
・味噌    大さじ1
・お酢    小さじ1
・生姜チューブ  小さじ0.5
・オリーブオイル 大さじ1

(茹で用 ※栄養換算なし)
・料理酒 100㏄

さっぱりとした辛みに、バジルの風味。

珍しい組み合わせだが、鶏むね肉はしっかり受け止めてくれるはずである。

マリネ風鶏むねのオクラ辛味噌バジル(糖質4.3g)
まず今回は、鶏胸を叩くことなく十字に四つにカットしていただきたい。

ポイントはいい感じの細かさにカットすることで、鶏むね肉に触れる面積を広げること。

主人公のとっておきの必殺技を食らった、中ボスクラスの敵キャラみたいだ。

マリネ風鶏むねのオクラ辛味噌バジル(糖質4.3g)
そして次は、以下を混ぜ合わせたお湯を沸騰させよう。

・お水  1500ml
・料理酒 100㏄

この料理酒+お湯こそ、とびきりの柔らかさを生み出してくれる魔法の泉

いや実際には魔法とかではなく、料理酒が一生懸命頑張ってくれるだけである。

マリネ風鶏むねのオクラ辛味噌バジル(糖質4.3g)
そしてここに常温に戻した先ほどの鶏むね肉を投入し、蓋をして火を止めよう。

ここからは約30分間放置し、鶏むね肉の成長をゆっくりと見守ろう。

マリネ風鶏むねのオクラ辛味噌バジル(糖質4.3g)
そして完成後は鶏むね肉を一口大にカットし、味見も一口してみよう。

塩味もついていない健康的なお肉のため、愛犬様のモグモグも止まらないだろう。

マリネ風鶏むねのオクラ辛味噌バジル(糖質4.3g)
そして鶏むね肉を茹でている間に、美味しいオクラソースも完成させよう。

まずはオクラをネットの上からわしわしこすり、産毛を綺麗に取り除いていただきたい。

そしてヘタを包丁で一気に切り落とせば、いざ準備完了である。

マリネ風鶏むねのオクラ辛味噌バジル(糖質4.3g)
これをみじん切りにして、お水を大さじ1加えよう。

そしてそれにふわりとラップをかけ、まずは600Wで約90秒加熱していただけるだろうか。

マリネ風鶏むねのオクラ辛味噌バジル(糖質4.3g)
そして次は、以下の調味料を加えて、再度ラップをして40秒ほどレンチンして欲しい。

・乾燥バジル 小さじ1
・すりごま  小さじ2
・豆板醤   小さじ1
・味噌    大さじ1
・お酢    小さじ1
・生姜チューブ  小さじ0.5
・オリーブオイル 大さじ1

これにて粘り気を持った、濃い目の豆板醤オクラソースの完成である。

マリネ風鶏むねのオクラ辛味噌バジル(糖質4.3g)
これを先ほどの鶏むね肉に絡めたら、もう既にオクラ帝国の進撃である。

鶏むねのあらゆる筋繊維の間に、容赦なく進むオクラ豆板醤軍。

今年の秋には映画化も噂されている、野菜好き必見のシーンである。

マリネ風鶏むねのオクラ辛味噌バジル(糖質4.3g)
そしてこれをお皿に盛り付ければ、いざ完成だ。

スタミナ太郎が嫉妬するほどの、この圧倒的なエネルギー感

皆様の疲れた体を、このやんちゃな美味しさで癒していただきたい。


スポンサー様

低糖質の美味しさチェック

マリネ風鶏むねのオクラ辛味噌バジル(糖質4.3g)
まるでインドネシアの屋台のご飯の様な、刺激的なビジュアル。

何かしらカタカナの商品名を与えたくなるような、チキン料理感に溢れている。

辛みを見せる豆板醤と味噌から、何とも食欲をそそる香りが漂ってくる。

では早速、一口パクリといただこう。

マリネ風鶏むねのオクラ辛味噌バジル(糖質4.3g)
鶏むね肉が、柔らかくて美味しい

何とも稚拙な表現だが、柔らかくて美味しいのだ。

そしてバジルの香りと味噌豆板醤の辛み、これがオクラの粘り気でより強調されている。

おつまみにも最適な、少し濃い目のガッツリテイスト。

お箸を伸ばすたびに、その鶏むねの柔らかさを楽しんでしまう。

マリネ風鶏むねのオクラ辛味噌バジル(糖質4.3g) (2)
この料理の栄養素を表示すれば、一体どんな感じになるのだろう。

きっと何かしらのゲージが、ズガーン!と跳ね上がるに違いない。

そんな感じの、スタミナだらけのお肉とオクラ

脂質も少なく、これは筋トレ後のタンパク質摂取にも最適だ。

オクラがお安い、この素敵なシーズン。

また必ず会いに来たい、元気をいただく逸品だった。

いつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
ご満足いただければ幸いです。
納得の柔らかさ。マリネ風鶏むねのオクラ辛味噌バジル(糖質4.3g)

ご共有いただければ幸いです!
(当サイトはリンクフリーです)

こちらの記事もいかがですか?