部活後の食欲。梅マヨオイスターの極上照り焼き胡瓜チキン(糖質5.2g)

高2の食欲。梅マヨオイスターの極上照り焼き胡瓜チキン(糖質5.2g)
スポンサー様

皆様、夏バテされていらっしゃいませんか?

連日、おそうめんの連投が続いてはいらっしゃいませんか?

うだるような暑さに悩む、この残暑シーズン。

引きこもりがちな食欲を、がっつり虜にするレシピが存在する。

本日ご紹介する、梅マヨオイスターの極上照り焼き胡瓜チキン

甘みと旨味の混在する、山盛りチキンに恍惚となる逸品だ。

スポンサー様


梅マヨオイスターの極上照り焼き胡瓜チキンの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:15分糖質:5.2g脂質:13.4g塩分:2.3g
熱量:295kcalたんぱく質:動物 33.4g  植物 0.7g※上記は1人分 調味料の糖質一覧:こちら 食材の糖質一覧:こちら
梅マヨオイスターの極上照り焼き胡瓜チキン
ではまずは材料2人分)から。

・鶏もも肉  350g(皮なし)
・胡瓜    1本

せっかく食欲が沸き起こっても、お料理が少ないと凄く残念。

そのためデデンと350gの鶏もも肉を、わっしょいわっしょい料理しよう。

梅マヨオイスターの極上照り焼き胡瓜チキン
そして次に調味料を。

・塩      軽く3ふり
・醤油     小さじ0.5
・マヨネーズ  大さじ1
・蜂蜜     小さじ0.5
・料理酒    大さじ1
・梅おろし   梅干し1個分
・オイスターソース 小さじ2

酸味と甘みで食欲を手招きする、梅マヨオイスター

本日限りのクーポンを使い忘れても気にならないほど、何ともご機嫌な美味しさである。

さらなる糖質オフを狙うなら!:本当にお勧めな糖質オフ調味料!🥫
隠れた名作揃い!:高たんぱく低糖質お勧めおつまみ!🍪

梅マヨオイスターの極上照り焼き胡瓜チキン
では最初に、食材の下処理から取り掛かろう。

まずは鶏もも肉350gの皮を取り、一口サイズにカッティング

さらに以下の調味料を揉み込み、10分程放置していただけるだろうか。

低カロで胃袋を翻弄する、シンプル鶏もものデビュー戦だ。

・塩      軽く3ふり
・料理酒    大さじ1

梅マヨオイスターの極上照り焼き胡瓜チキン
そして次は胡瓜1本をスライサーを使って、縦にスライスして水にさらしておこう。

また丸ごと1本スライスしていくと、必ず途中で持ちにくくなってくる。

その場合は縦に持ち替えて、写真の小さな半月型の様にスライスすると大変らくちん。

最終的には、手前のちっこい胡瓜までシャコシャコしていただけるだろうか。

梅マヨオイスターの極上照り焼き胡瓜チキン
さらに以下を混ぜ、食欲をピンポンダッシュする梅マヨオイスターを作成しよう。

こちらはもも肉との抜群の相性が問題視され、PTAで議題に上がる逸品だ。

・醤油     小さじ0.5
・マヨネーズ  大さじ1
・蜂蜜     小さじ0.5
・梅おろし   梅干し1個分
・オイスターソース 小さじ2

梅マヨオイスターの極上照り焼き胡瓜チキン
そして鶏もも肉の漬け込みが終わったら、いざ調理を開始しよう。

まずは鶏皮10㎝をフライパンにて強火で加熱し、小さじ1杯分の鶏脂をご作成いただきたい。

そしてこちらの工程で、カリカリに仕上がった鶏皮の運命。

それはきっと、全世界共通だ。(ぱくっ)

梅マヨオイスターの極上照り焼き胡瓜チキン
そして鶏脂が完成したら、先程の鶏もも肉を一気に投入しよう。

ここからはまず、中強火で2分30秒

一気にジャッジャと炒めていただけるだろうか。

梅マヨオイスターの極上照り焼き胡瓜チキン
さらにその後は梅マヨオイスターを加え、追加で40秒煮詰めていただきたい。

投入した瞬間は水っぽい(´・ω・)?とお感じになる、こちらの行程。

ただ20秒煮詰めた頃から、て、てりやきやぁ(*‘∀‘)!と心も胃袋も騒ぎだす。

どんどん美味しそうに変化する鶏ももに、食欲もチラリと顔を出すだろう。

梅マヨオイスターの極上照り焼き胡瓜チキン
最後はしっっかり水分を握り絞った胡瓜を並べ、その上にチキンをオン。

さらにフライパンに残ったソースを、残さず掛けていただくといざ完成だ。

先程までシュンとしていた食欲が、元気にドッジボールを始める逸品である。

低糖質の美味しさチェック

梅マヨオイスターの極上照り焼き胡瓜チキン
なんと眩しい。

まるで鶏モモ肉に後光が差しているような、神々しいビジュアル。

しかしなぜ、これほど眩しいのか。

あ、キッチンのカーテン開けたまま撮影していた。(てへぺろ)

梅マヨオイスターの極上照り焼き胡瓜チキン
そんな事実に一切気付かず、鶏もも肉を一口パクリ。

うぅむ、これは目覚める。

梅の酸味と、蜂蜜とオイスターの甘み。

そして加熱されたマヨネーズが脂化した、濃厚な旨さ

柔らかな鶏もも肉に酸味が絡み、もう最高に元気が出る美味しさだ。

梅マヨオイスターの極上照り焼き胡瓜チキン
さらにスライス胡瓜との相性は、もはや傑作である。

シャキシャキ感を携えた、柔らかな鶏もも肉。

梅ベースの粘り気のある旨味エキスが、野菜とお肉に絡みつく。

極上に薄い胡瓜だからこそ、この快感食感が生まれているのか。

世界一栄養がないと誤解していた、夏野菜の女帝☆胡瓜女王

反省の意を込めて、今年は40本食べるからね。

いつもご覧いただき、本当に感謝します(*‘∀‘)!
旨ブロレシピ本も是非ご覧ください(*‘∀‘)!
旨ブロ電子書籍
旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様