全ての鶏好きに。超低糖の絶品塩胡椒ポットローストチキン(糖質0.6g)

全ての鶏好きに。超低糖で塩胡椒ポットローストチキン。(糖質1.2g)

しっとり柔らか、噛みしめるほど溢れる肉汁。

美味しい鶏肉に良く使われる、この秀逸なキャッチフレーズ。

そんな鶏肉を自宅で簡単に再現できたら、なんて幸せだろう。

そしてそんな前ふりをするからには、もちろんご用意した。

フライパンで簡単、超低糖な絶品ポットローストチキン

全ての鶏好きに送りたい、鳥肌物の逸品だ。(鶏だけに)


スポンサー様

絶品超低糖ポットローストチキンの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:45分糖質:0.6g脂質:25.1g塩分:2.7g
熱量:361kcalたんぱく質:動物 24.3g  植物 1.0g※上記は1人分/下茹で用未換算
%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-12-18-58-04
ではまずは材料2人分)から。

・鶏もも肉    300g
・マッシュルーム 1パック

超低糖質中の方にもお召し上がりいただける、本日の逸品。

さらに抜群に美味しく仕上げたい、そんな気持ちも盛り沢山である。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-12-18-58-16
そして次に調味料を。

・有塩バター   5g
・塩/黒胡椒    各軽く10ふり
・無糖赤ワイン  50ml
・オリーブオイル 小さじ1

こちらのお料理のハードルを上げる、少数精鋭の優秀調味料たち。

なんかもうワクワクするね…。

アニメ紅の豚に登場するお婆ちゃん風に呟けば、プレッシャーもワクワク感に変化するだろう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-12-18-58-35
ではまずは鶏もも肉300gに、塩と黒胡椒を各軽く6ふりしていただきたい。

そして今回の下処理は、まさかのこれだけ。

麺棒でぶっ叩くことも、フォークでプスプスすることもない。

ちょっと物足りなさそうなのは、私ではなく鶏もも肉の方かもしれない。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-12-18-58-50
さらに次に、マッシュルーム1パックも大胆に乱切りに。

そして下処理は以上で、終了。

まさかの事態に、包丁とまな板が目を合わせている。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-12-18-58-57
さぁ、ではさっそくポッドローストチキンを作ろう。

まずはフライパンにオリーブオイルを小さじ1加え、強火で加熱していただけるだろうか。

KFCにも負けない悶絶の美味しさを、この鍋から世に送りだそう。

頑張れもも肉、我慢しろ食欲。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-12-18-59-05
そして先ほどのチキンを投入し、両面をカリッと焼き上げよう。

まず皮の面を下にして、押し付けるように1分

次は肉の面を下にして、これまた1分

押し付けるのは皮の面だけ、肉の面は見逃してあげるのが優しさである。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-12-18-59-13
すると何とも魅力的に、鶏もも肉が仕上がってくれる。

ただ中はまだ火が通っていないので、これから存分に火を通していこう。

それにしても、なんて旨そうなフォルムなのだろう。

最初に鶏を追っかけた人は、このビジュアルを脳内にイメージしていたのだろうか。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-12-18-59-23
そして先ほどのフライパンを洗わず、残った鶏脂に有塩バターを5g投入していただきたい。

今回のポイントは、この鶏脂を使うことで生み出されるツヤと照り。

この脂が多いほど、きっとチキンの世界ではモテるのだろう。

今回私は、最高にモテモテな鶏肉を調理してしまった。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-12-18-59-39
さらにそちらに先程のマッシュルームと塩胡椒を各軽く4ふりし、強火で1分間炒めよう。

ここは少し濃い目の味付けでも、OKである。

ちょっと濃いめがいいかなぁ?とお感じなら、追いパッパしていただけるだろうか。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-12-18-59-47
さらにこちらに肉面を下にして、鶏もも肉を投入である。

そして同時に、水100mlと赤ワイン50mlも投入していただけるだろうか。

あとは蓋をせずに160度で35分間

弱火で煮詰めるだけの、簡単なお仕事だ。

アットホームで笑顔が飛び交う、初心者にも優しい職場である。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-12-18-59-59
そして20分経過したら、次は皮面を下にしよう。

赤ワインが沁みこみ、いい感じのスチーム状態になるだろう。

残った赤ワインを片手に、ほろ酔いでお待ちいただくのも最高だ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-12-19-00-07
そして最後にもも肉を鶏脂ソースにまぶし、これにてミッションコンプリートだ。

まるで専用鍋で作ったビジュアルに、鶏もも肉も勝利を確信している。

実は100g68円のもも肉を使ったとは、カーネルサンダース先生も気が付かないだろう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-12-19-00-21
最後はやけどにお気を付けいただき、鶏もも肉をカットしていただこう。

さらにお鍋に溜まったソースをかければ、いざ完成だ。

忘れてはならぬ絶品マッシュルームも、タップリ並べていただきたい。


スポンサー様

低糖質の美味しさチェック

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-12-19-00-32
ではいざ、食卓大戦争の開始である。

胃袋の崩壊が先か、鶏もも肉を食べ尽くすのが先か。

そんな先制攻撃の前に、このビジュアルをしばし傍観。

インスタへのアップが止まらぬ、チキン本来の美しさではないだろうか。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-12-19-00-50
そして、しなるチキンを一つ持ち上げる。

タレに絡めて一口頬張ると、脳内で何かしらの音楽が流れる。

あぁ、これは旨い

チキンの柔らかい旨みと、存分に沁みだす鶏エキスがパーフェクトだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-12-19-01-02
そして塩気を帯びたマッシュルームが、覚えた簿記を忘れるほど旨い。

何故、私は2パック購入しなかったのか。

2パックなら150円だよ」と助言してくれたおばちゃんは、これを見越していたのか。

まさかのマッシュルームが、鶏もも肉より先になくなる事態。

ダイエット中なら、さらにマッシュルームを倍量にしていただくと最高だ。

胃袋がランバダを踊る、この安定の美味しさ。

お忙しい皆様にもお試しいただければ、最高に幸せである。

いつもご覧いただき、本当にありがとう御座います!
お口に合いましたら、幸いです(*^-^*)!
スポンサー様
スポンサー様