ふんわりたっぷり召し上がれ。シャケとアボカドの豆腐キッシュ。(糖質3.9g)

ふんわりたっぷり召し上がれ。シャケとアボカドの豆腐キッシュ。(糖質3.6g)

オーブンで焼いたご飯のワクワク感。

グラタンやピザ、ドリアやパエリヤ。

海外独特の大胆な盛り付けと、それでいて繊細な味付け。

テーブルに置かれた時のワクワク感を久しぶりに体験したい。

そんな今日は、ふんわり染み渡る鮭とアボカドの豆腐キッシュをご紹介したい。

混ぜて焼くだけの簡単メニューで、週末の体力を是非温存して欲しい。

シャケとアボカドの豆腐キッシュの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:35分糖質:3.9gたんぱく質:動物 17.2g  植物 11.5g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
写真 2016-08-04 19 44 20
まずは材料2人分)だ。

・絹豆腐  250g(3/4丁)
・たまご  2個
・塩しゃけ 1切
・アボカド 1/2個
・溶けるチーズ 1枚(お好みで二枚)

絹豆腐は、1丁より少し少な目にしていただければ幸いだ。

写真 2016-08-04 19 44 29
次に調味料だ。

・塩/黒胡椒 各4
・顆粒コンソメ 小さじ0.5
・大蒜チューブ 小さじ0.5
・マヨネーズ  大さじ1.5

今回は素材の味を邪魔しすぎない、そんな味付けに仕上げよう。

写真 2016-08-04 19 44 50
まずはアボカド1/2個だ。

これまた滑らかな豆腐キッシュの中に潜ませると、いい感じの舌触りを披露してくれる。

鮭と一緒に食べると、すごく美味しい。

写真 2016-08-04 19 44 59
これを斜めにスライスしよう。

アボカド」と言うごつごつした名前からは、想像できない滑らかさだ。

ナメチョフ」とかに改名するべきではないだろうか。

写真 2016-08-04 19 45 08
次に塩鮭だ。

完全に焼き魚にされると思っているこの子を、お洒落に使用していこう。

写真 2016-08-04 19 45 16
まずは骨の下に包丁を差し入れ、骨の部分をそぎ取っていこう。

写真 2016-08-04 19 45 25
次にこれもナメチョフ同様に、斜めに薄くスライスしよう。
写真 2016-08-04 19 44 42
次に絹豆腐だ。

キッチンペーパーでくるみ、レンジで600W3分加熱しよう。

写真 2016-08-04 19 45 38
余分な水分を落としたら、水切り完了だ。

キッチンペーパーがない場合、そのままレンジをしてもOKだ。

ただ、少し表面が固くなってしまうことは否めない。

写真 2016-08-04 19 45 48
これを泡だて器などで、丁寧に滑らかにしていこう。

本当はフードプロセッサーなどで一気にやりたいところだが、実は持っていない。

泡だて器が私の相棒なのだ。

頑張ろうな、あわだっちゃん。(※あだ名)

写真 2016-08-04 19 45 56
約2分根性で混ぜると、ある程度滑らかになった。

この労力で腕がシオマネキみたいに進化する事はないので、ご安心いただきたい。

写真 2016-08-04 19 46 14
ここに以下を投入していこう。

・滑らかにした絹豆腐
・たまご  2個
・塩/黒胡椒 各4
・顆粒コンソメ 小さじ0.5
・大蒜チューブ 小さじ0.5
・マヨネーズ  大さじ1.5

これで豆腐キッシュの生地が完成だ。

写真 2016-08-04 19 46 30
これを良くかき混ぜて…。
写真 2016-08-04 19 46 46
次に耐熱皿に7割ほど流しいれよう。

先に多めを入れるのが、今回のポイントだ。

写真 2016-08-04 19 46 56
次に鮭とアボカドを交互に並べて行こう。

このお洒落な写真は、できるだけ友人の目に触れるようにしたい。

インスタなどで「今日は疲れたから、簡単に~♪」などと投稿すると効果は絶大だ。

「つ、疲れているのにこのお洒落さ…!?」と、素直に反応してくれる友人は一生の友達になるだろう。

写真 2016-08-04 19 47 04
最後に残りを流し入れて、スライスチーズを細くカットして並べて行こう。

チーズが大好きな方は、是非中にも一枚潜ませてほしい。

写真 2016-08-04 19 47 12
これを余熱無し250度オーブンで28分

後は放置でオッケーだ。

177
さあ完成だ。

「私、ニシンのパイ嫌いなのよね」という生意気な孫に、新作として着払いで届けていただきたい。

低糖質の美味しさ実食

写真 2016-08-04 19 47 47
さぁ大きなスプーンですくい、お皿に取り寄せよう。

どこをとっても鮭とアボカドがお出迎えしてくれる。

ふわふわで少し弾力のある、茶碗蒸し的な感触だ。

是非アツアツのうちにいただこう。

写真 2016-08-04 19 48 09
ナイスな舌触りと、しっかりとした味付け。

滑らかなアボカドの甘みと香り、塩鮭の塩気がとても美味しい

これはパクパク気づいたら食べ切るパターンの食事だ。

そして一皿でかなりのボリュームなのも見逃せない。

写真 2016-08-04 19 48 18
そしてお勧めはタバスコトッピングだ。

少し多めでも豆腐キッシュは滑らかに受け入れてくれる。

旨みを包括した生地に、ピリリと酸味のあるタバスコがめちゃウマい。

これは孫が玄関先まで猛ダッシュしてくる美味しさだ。

いやあ、美味しかった。

お豆腐の可能性を更に感じた逸品だった。

いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。

ご満足いただければ幸いです。

FavoriteLoading記事をお気に入り!
スポンサーリンク