絶簡単。とても美味な塩昆布バターのなめこ豆腐生姜スープ。(糖質5.7g)

絶簡単。とても美味な塩昆布バターのなめこ豆腐生姜スープ。(糖質5.7g)

大雪や大雨、歴史的に金欠の時。

どうしても買い物に行きたくない時が、時にある。

そんな時は、冷凍可能な食材をストックされてはどうだろう。

彼らを使えば、非常に美味しいご飯がすぐに完成する。

本日ご紹介するのは、塩昆布バターのなめこ豆腐生姜スープ

驚愕するほど温まる、とろみが嬉しい逸品だ。


スポンサー様

塩昆布バターのなめこ豆腐生姜スープの美味しい糖質オフレシピ

費用:150円時間:10分糖質:5.7gたんぱく質:動物 0.0g  植物 10.8g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
写真 2017-01-26 17 55 00
まずは材料2人分)だ。

・木綿豆腐 1丁
・なめこ  1袋

本日は自宅の冷蔵庫の中身を使おう。

彼らは冷凍庫に控えていた、いざ(給料日前)という時の救世主たちだ。

写真 2017-01-26 17 55 10
次に調味料だ。

・塩昆布  7g
・バター  15g
・すりごま   大さじ1
・生姜チューブ 小さじ1.5
・鶏ガラスープの素 小さじ2

今回の旨みは、ご存知の塩昆布バターから頂戴しよう。

そこにさらに、影の委員長である生姜をたっぷりと使用するのだ。

写真 2017-01-26 17 55 26
では早速、調理を開始しよう。

今回は包丁を使わないため、初めてのお料理にも最適だ。

まずはバター15gと生姜を小さじ1.5、中火で炒めるように混ぜ込もう。

写真 2017-01-26 17 55 37
そこにスプーンで掬ったお豆腐を、水きりなしで投入。

この際、写真より細かなサイズがお勧めだ。

より味が沁みやすく、お豆腐の中までバター生姜が訪問してくれる。

写真のお豆腐サイズは、私の好みを優先してしまったダメな例だ。

写真 2017-01-26 17 55 46
そしてこれを、中火で片面2分の両面系4分

表面に少し焦げ目がつけて、食べ応えのあるお豆腐感を引き出そう。

写真 2017-01-26 17 56 00
そして次に、以下の調味料を加えて中火で3分間

・塩昆布  7g
・水    300㏄
・生姜チューブ 小さじ1.5
・鶏ガラスープの素 小さじ2

この波平の上空写真みたいなのが、今回の主人公の塩昆布だ。

お値段も安いため、常にストックしておきたい逸品だ。

しかしこれがあると、なかなか家飲みが終了しないデメリットも享受しなければならない。

写真 2017-01-26 17 56 19
最後になめことすりごま大さじ1を加え、またも中火で2分

煮込み時間を全部3分に統一するべきだ、という意見もあるだろう。

しかし自分の中のメンドクサイデビルが、圧勝してしまったのだ。

写真 2017-01-26 17 56 33
すべてを終えて、さぁ完成だ。

スプーンで解しながら、召し上がっていただきたい。


スポンサー様

低糖質の美味しさチェック

写真 2017-01-26 17 56 45
少し白濁したスープに、なめこの滑らかなトロミ。

RPGの妖精ステージのようなビジュアルに、キノコの魅力が爆発している。

塩昆布も漂うこの池に、いざ飛び込む準備は万端だ。

写真 2017-01-26 17 56 58
そしてなめこを、ずずっと一口。

甘いバターの香りに、塩昆布の丁度良いアクセント。

豆腐に染み渡るトロミが、抜群のテイストだ。

まるでふかひれスープのような舌触りに、脳が横浜中華街をイメージしている。

写真 2017-01-26 17 57 06
そして、豆腐を砕いて流し込む。

あぁ、栄養素がなだれ込んでくる快感

なめこを毎日食べて、最高の美肌を手に入れた過去を思い出す。

あの頃のなめこライフを、もう一度始めたくなる旨さだ。

なめこと生姜、豆腐と塩昆布バター。

体の中から温まる、素晴らしい逸品だった。


いつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
ご満足いただければ幸いです。
スポンサー様
スポンサー様

絶簡単。とても美味な塩昆布バターのなめこ豆腐生姜スープ。(糖質5.7g)

ご共有いただければ幸いです!
(当サイトはリンクフリーです)



低糖質パン・お菓子ならココがお勧め!
低糖工房(ていとうこうぼう)


1個0.8gのマドレーヌから、1食4.2gの本格中華麺まで、専門店ゆえの豊富な取り揃え。

市販のふすまパンや糖質0麺とはひと味違う、大満足の美味しさ!



その美味しさの秘密は、高純度の食物繊維独自の製造工程

お値段は少し高めですが、贈り物やご褒美にも最適な逸品揃いです!





こちらの記事もいかがですか?