甘みがフワリ。海老ハンペンのおろし豆腐お好み焼き(糖質7.1g)

甘みがフワリ。海老ハンペンのおろし豆腐お好み焼き(糖質7.1g)

いくらでも食べられる、ふわり食感のお好み焼き。

時にはずっしりではなく、綿毛のような優しい美味しさを楽しみたい。

その時活躍するのが、海老とハンペン。

抜群のつなぎ力を持つお二方を、お豆腐のサポート役に抜擢しよう。

本日ご紹介する、海老ハンペンのおろし豆腐お好み焼き

食べた瞬間に故郷を想う、懐かしさすらする逸品だ。


スポンサー様

海老ハンペンのおろし豆腐お好み焼きの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:6分糖質:7.1g脂質:11.6g塩分:2.8g
熱量:272kcalたんぱく質:動物 22.0g  植物 5.8g※上記データは1人分です。
海老ハンペンのおろし豆腐お好み焼き(糖質7.1g)
まずは材料2人分)だ。

・ハンペン 30g(約1/4枚)
・木綿豆腐 150g(約1/2丁)
・たまご  1個
・大根   1/10本
・海老   7匹

今回は一枚のハンペンが四枚のお好み焼きに化ける、素敵なふわりレシピである。

ご自宅の冷蔵庫でもじもじしているハンペンを、ぜひお誘いあわせ願いたい。

海老ハンペンのおろし豆腐お好み焼き(糖質7.1g)
そして次に調味料だ。

・すりごま  小さじ1
・ぽん酢   大さじ1
・塩/黒胡椒  各軽く4ふり
・片栗粉   小さじ1
・生姜チューブ   小さじ1
・鶏がらスープの素 小さじ0.7
・オリーブオイル  大さじ1

そして味付けは、ふわりお好み焼きによく合うおろしぽん酢タイプ

甘みを持つハンペンと海老を、邪魔しないテイストに仕上げていこう。

海老ハンペンのおろし豆腐お好み焼き(糖質7.1g)
まずは木綿豆腐150gを、ラップ無しで600W90秒レンチンしよう。

このレンチン直後は、お豆腐から水気はそこまで出ていない。

しかしこれを1.2分放置すると、熱い湯船につかりたがらない子供の様に、水気がわんさか飛び出してくるのだ。

海老ハンペンのおろし豆腐お好み焼き(糖質7.1g)
その間に海老の背ワタを取って、ミキサーや包丁でミンチ状にしていこう。

大変粘り気のある、濃厚な海老ペースト

この作成に関しては、ぶんぶんチョッパー先生の活躍から目が離せない。

海老ハンペンのおろし豆腐お好み焼き(糖質7.1g)
そしてこのまま、以下の具材をしっかりと混ぜ合わせていただきたい。

・ハンペン 30g(約1/4枚)
・木綿豆腐 150g(約1/2丁)
・たまご  1個
・海老   7匹
・塩/黒胡椒  各軽く4ふり
・片栗粉   小さじ1
・生姜チューブ   小さじ1
・鶏がらスープの素 小さじ0.7
・オリーブオイル  大さじ1

ひたすら混ぜるだけの行程だが、100均の泡だて器が素晴らしく活躍してくれるだろう。

海老ハンペンのおろし豆腐お好み焼き(糖質7.1g)
そしてこれが、海外ドラマを見ながら作成した海老ハンペンペースト

緊迫したシーンでは混ぜる手が止まったが、比較的簡単にご作成いただけるだろう。

いやはや、海外ドラマの面白さは異常である。

海老ハンペンのおろし豆腐お好み焼き(糖質7.1g)
そんなPCの画面をチラ見しながら、お鍋にオリーブオイルを大さじ1加えよう。

ここから先は全て中火で作成し、しっとり感とフワッと感を狙いたい。

ハンペンと海老のふわり感を楽しめるまで、あともう少しである。

海老ハンペンのおろし豆腐お好み焼き(糖質7.1g)
しっかり油を敷いたら、お豆腐ソースを全体に広げよう。

ここから先は触ることなく、片面約2分間

ひっくり返す際は、テフロン加工と己の手のスナップのみに任せてしまおう。

海老ハンペンのおろし豆腐お好み焼き(糖質7.1g)
ていっ!

(ぱたん)

海老ハンペンのおろし豆腐お好み焼き(糖質7.1g)
そしてひっくり返したら、こちらも中火で2分間

こちらの面はをして、お豆腐に残った水分をうまく活用しよう。

ふっくら感を狙うための我が包囲網は、万全である。

海老ハンペンのおろし豆腐お好み焼き(糖質7.1g)
そして最後にかけるのは、以下を混ぜ合わせたおろしタレである。

・すりごま  小さじ1
・ぽん酢   大さじ1
・大根おろし 1/10本

大根おろしの水分は、スズメを撫でる位の力で水気を切っていただけるだろうか。

海老ハンペンのおろし豆腐お好み焼き(糖質7.1g)
そしてこれをかけたら、いざ完成だ。

しっとり甘いハンペンお好み焼きを、心行くまでお楽しみいただきたい。


スポンサー様

低糖質の美味しさチェック

海老ハンペンのおろし豆腐お好み焼き(糖質7.1g)
少し硬そうな表面とは裏腹に、お箸が軽く沈む柔らかな触感。

表面にエビが所々点在し、どこを食べても当たり!といった印象である。

甘い香りに誘われて、ではいざ一口。

海老ハンペンのおろし豆腐お好み焼き(糖質7.1g)
これは様々な甘みがあり、とても美味しい。

ハンペンと海老、そして大根おろし。

甘くて美味しい要素が、しっかりと練り込まれている。

フワッと持ち上がるその感触は、まるでハンペンそのもの。

しかし重みはずっしり、食べ応えもタップリである。

海老ハンペンのおろし豆腐お好み焼き(糖質7.1g)
お豆腐の香りはほとんどなく、お好み焼きの美味しさも持ち合わせている。

柔らかな触感と旨さで、これはいくらでも食べてしまう。

ハンペン一枚で、四枚のお好み焼き素材が完成する。

皆様にも、ぜひその利便性をお伝えさせていただきたい。

美味しいご飯を、本日もありがとう。


いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。
ご満足いただければ幸いです。
甘みがフワリ。海老ハンペンのおろし豆腐お好み焼き(糖質7.1g)

ご共有いただければ幸いです!
(当サイトはリンクフリーです)

こちらの記事もいかがですか?