シャケ猛追。鮭ささみの柔らかタルタルサラダ風団子(糖質4.1g)

鮭の旨み全開。鮭ささみの柔らかタルタルサラダ風団子(糖質4.1g)

お中元で大量の鮭をいただいた時、皆様はどのように召し上がるだろう。

焼きじゃけ、ホイル焼き、チャンチャン焼き、そんな焼き料理も最高だ。

ただもしそれらに少し飽きた時、お試しいただきたいテイストがある。

それが柔らかさを詰め込んだ、美味しい鮭団子である。

本日ご紹介する、鮭ささみの柔らかタルタルサラダ風団子

気付けば無くなる食べやすさに、妖精の存在を疑う逸品だ。

スポンサー様


鮭ささみの柔らかタルタルサラダ風団子の美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:10分糖質:4.1g脂質:11.7g塩分:3.4g
熱量:266kcalたんぱく質:動物 33.5g  植物 0.8g※上記は1人分/下茹で調味料未換算
鮭ささみの柔らかタルタルサラダ風団子
まずは材料2人分)だ。

・鮭(塩なし) 2切れ
・えのき    100g(1/2袋)
・ささみ    3本

先日スーパーの特売日で購入した、これらの食材。

ヨーグルトの試食のおばちゃんに、ネクタイを大変褒められたのを覚えている。

鮭ささみの柔らかタルタルサラダ風団子
そして次に調味料だ。

・塩/黒胡椒    各軽く6ふり
・醬油      小さじ2
・マヨネーズ   大さじ1.5
・片栗粉     小さじ1
・粒マスタード  小さじ1
・無糖ヨーグルト 大さじ1
・鶏ガラスープの素  小さじ1
・大蒜/生姜チューブ  各小さじ0.5

そしてその際に購入した、こちらのヨーグルト。

ちなみに試食のおばちゃん作のきな粉黒蜜ヨーグルトは、びっくりするほど美味しかった。

鮭ささみの柔らかタルタルサラダ風団子
ではまず最初に、食材の下処理から始めよう。

先陣を切るのは、塩なし鮭2切れとささみ3本。

それぞれ皮・骨・スジ三大お邪魔部分を取り除き、小さくカットしていただきたい。

お邪魔部分とは申し上げたが、素揚げにするとカリカリおつまみとしても活躍するだろう。

鮭ささみの柔らかタルタルサラダ風団子
そしてこれらを、フードプロセッサーにてミンチ状にしよう。

華やかなオレンジ色が美しい、柔らかな鮭チキン。

今年のお中元が楽しみになる、大変美味しいパテの完成である。

鮭ささみの柔らかタルタルサラダ風団子
さらにここに、以下の食材と調味料を加えよう。

・えのきミンチ  100g(1/2袋)
・塩/黒胡椒    各軽く6ふり
・醬油      小さじ1
・片栗粉     小さじ1
・生姜チューブ  小さじ0.5
・鶏ガラスープの素  小さじ1

えのきを鮭チキンと一緒にミンチしない理由は、その水分である。

別途ミンチにし、握りしめる様に水分を切っていただけるだろうか。

鮭ささみの柔らかタルタルサラダ風団子
そしてこれを良くかき混ぜれば、もうゴールは目の前だ。

いわばマラソンなら、最後の5キロ地点。

24時間テレビならば、サライの大合唱&徳光さんの号泣シーンの様なものである。

鮭ささみの柔らかタルタルサラダ風団子
ここでタップリのお湯を沸かし、鮭チキンをふっくら茹で上げる準備を整えよう。

そのお湯の目安量は、約1500ml

ただ多い分には問題ないため、目分量でモリモリ沸かしていただいても大丈夫だ。

鮭ささみの柔らかタルタルサラダ風団子
そしてここに鮭団子をスプーンで一口サイズに丸め、ポイポイ投入していこう。

その温度と時間は、中強火(約190度)4分30秒~5分間

完成直前には、フワフワ浮いてくる鮭チキン。

ニワトリの大空への願望が、そうさせるのかもしれない。(食べづらい)

鮭ささみの柔らかタルタルサラダ風団子
これをザルに上げ、水気をしっかりと切れば準備OKだ。

あとは美味しいソースを完成させ、上からかけるだけ。

フワフワ鮭チキンの実食まで、あともう少しである。

鮭ささみの柔らかタルタルサラダ風団子
そして今回大変マッチするのは、ヨーグルトベースのさっぱりソース。

これは以下を混ぜ合わせてるだけの、簡単行程である。

・醬油      小さじ1
・マヨネーズ   大さじ1.5
・粒マスタード  小さじ1
・無糖ヨーグルト 大さじ1

ここでも試食のおばちゃんのヨーグルトが大活躍する、鮭によく合う美味しさだ。

鮭ささみの柔らかタルタルサラダ風団子
これをタップリ鮭チキンに掛けたら、いざ完成だ。

残りの数を思わず数える、柔らか鮭チキンボール。

マスタードをケチャップに変えれば、お子様のテンションも水族館並みに激上げだろう。


スポンサー様


低糖質の美味しさチェック

鮭ささみの柔らかタルタルサラダ風団子
新卒時代に良く作製した、刺激が凄まじい紅ショウガ団子

あのビジュアルに酷似しているが、今回は柔らかさと優しさを秘めている。

それはきっと、このヨーグルトソースのおかげだろう。

マスタードの綺麗な色合いを眺めつつ、いざ一口パクリといただこう。

鮭ささみの柔らかタルタルサラダ風団子
思わず一口で食べる、大きめ鮭チキン。

歯が不要の柔らかさに、鮭の香りがドゴンと広がる。

そして少し薄味の団子に、さっぱり系のヨーグルトマスタードソースが絡みつく。

パサパサ感のないしっとり感に、ソースの複雑な味変が何度も押し寄せる。

鮭ささみの柔らかタルタルサラダ風団子
あぁ、すごく美味しい

ビックマックも大好きだけれども、この複雑な味わいの鮭チキンも大好きだ。

その快感に溢れるひょいパク感は、なかなかの破壊力である。

半分にカットすると飛び出す、大量の鮭ミンチたち。

こんなに山盛りの鮭に迎えられたら、誰だってお前に惚れちまうよ。

そんな花より男子の名台詞が飛び出す、大変美味しい団子だった。

いつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
ご満足いただければ幸いです。
鮭の旨み全開。鮭ささみの柔らかタルタルサラダ風団子(糖質4.1g)

ご共有いただければ幸いです!
(当サイトはリンクフリーです)

こちらの記事もいかがですか?