大皿で召し上がれ。ほぐし鶏の濃旨カレーチキンパッタイ。(糖質6.4g)

大皿で召し上がれ。ほぐし鶏の濃旨カレーチキンパッタイ。(糖質6.4g)

ツルツル麺類に、カレー風味をそっと添える。

そこにしゃきしゃき野菜を加え、焼きビーフン的な要素を加える。

麺類のお好みカスタマイズは、最高に楽しい。

自分好みに魔改造し、心のままにすすりあげるのだ。

本日は、ボリュームと異国感を加えた濃旨カレーチキンパッタイ

インドカレー店の前を通り過ぎた際に、衝動的に作りたくなった逸品だ。

ほぐし鶏の濃旨カレーチキンパッタイの糖質オフレシピ

費用:200円時間:10分糖質:6.4gたんぱく質:動物 27.9g  植物 1.6g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-06-18-46-45
まずは材料2人分)だ。

・モヤシ  1/2袋
・ニラ   1/3袋
・白滝   1袋
・鶏むね肉 250g

今回は筋トレ週間に合わせた、筋トレ絶品レシピの一つだ。

脂肪を取り去るレシピとしても、是非ご活用いただきたい。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-06-18-46-53
次に調味料だ。

・塩    軽く8ふり
・カレー粉 小さじ1.5
・ナンプラー 大さじ1
・レモン汁  大さじ1
・料理酒   小さじ2
・オイスターソース  小さじ2
・スイートチリソース 小さじ2
・オリーブオイル   大さじ2
・生姜/にんにくチューブ 各小さじ1

全て最少にして、濃厚にカスタマイズさせていただいた。

特にナンプラーとカレー粉には、まだまだ可能性を感じるのだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-06-18-47-05
さぁ、空腹のためビシバシ進めていこう。

まず鶏むね肉を、麺棒でビシバシ叩こう。

この際、繊維がほぐれるまで念入りに叩いてほしい。

このいつもの作業は、近隣から何かのプレイだと思われている可能性がある。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-06-18-47-15
これに塩を軽く4ふり、料理酒を小さじ2かけよう。

そしてこれをシリコンスチーマーで600W4分加熱すれば、準備オッケーだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-06-18-47-30
これを冷ましてから解せば、糖質制限初期に大活躍したほぐしチキンの完成だ。

柔らかで色々な調味料とも相性の良い、社交性高い系レシピなのだ。

ささ身より安くお財布に優しい点も、私の心を掴んで離さない。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-06-18-47-48
次に白滝も下処理をしておこう。

半分にカットした白滝をお水に浸し、これまた600Wで3分加熱しよう。

独特の香りが抑えられるため、ウイッグとして使用するのもアリっちゃアリだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-06-18-48-00
次に、もやしとニラを半袋づつ用意しよう。

ニラは、食べやすい5㎝幅にカットしておこう。

今回さらなる節約のため、スーパーの「野菜炒めセット」から、もやしとニラを選別した。

私の節約☆越冬大作戦は、毎年この時期から始まるのだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-06-18-48-10
次にソースも2種類用意しておこう。

まず左が、炒めソースだ。
・カレー粉  小さじ1.5
・ナンプラー 大さじ1
・オイスターソース 小さじ2

そして右が、回しかけソースだ。
・レモン汁  大さじ1
・スイートチリソース 小さじ2

さぁ準備が整ったので、いざ炒めていこう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-06-18-48-21
まずは以下を同時に加え、中火で30秒加熱しよう。

・オリーブオイル   大さじ2
・生姜/にんにくチューブ 各小さじ1

抜群の香りが部屋に充満し、食欲も一気に掻き立てられる。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-06-18-48-32
ここに、もやしとニラと塩を軽く4ふりしよう。

強火で1分加熱すれば、しゃきしゃきの野菜感をしっかり生かせる。

ここに焼き肉のタレをぶっかけていた、大学時代を思い出す香りだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-06-18-48-46
ここに麺と炒めタレを入れ、がさごそ3分炒めよう。

炒めるにつれて、段々とパッタイ感が表現されてくる。

ここが勝負どころだ!と言わんばかりに、一気呵成に攻め立てよう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-06-18-49-07
最後にほぐしチキンと回しかけタレを投入し、これにて完了だ。

思いのほか多い量に、明日のお弁当に入っている姿を想像されることだろう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-06-18-49-34
これをスカイツリー的に盛り付けたら、さあ完成だ。

がむしゃらに頬張り、明日からの仕事の英気を養おう。

低糖質の美味しさチェック

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-06-18-50-01
ダシが絡みつき、もやしと白滝の判別ができない。

ただ一つ分かるのは、写真を撮っている場合ではないということだ。

今朝から何も入れていない、暴動寸前の胃袋に献上しよう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-06-18-50-15
ズルルと一口食べると、まあ豊潤で美味しい

なにより、白滝麺にしっかり味が付いていることが嬉しい。

しゃきしゃき野菜で薄まることもなく、カレーオイスターの風味がしっかり生きている。

うん、モリモリいけちゃう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-06-18-50-26
そして何より、時々出てくるほぐしチキンの旨さだ。

この肉の旨さが入り込むと、とても満足感の高い旨さになる。

やはりパッタイに欠かせないのは、麺ののど越し食材の食べ応えだ。

ほぐしチキンが良い仕事をしている、パワー系麺料理だった。

あぁ、ご馳走様でした。

これで馬車馬のように働くパワーを、しっかりと補充できた。

いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。

ご満足いただければ幸いです。

FavoriteLoading記事をお気に入り!
スポンサーリンク
大皿で召し上がれ。ほぐし鶏の濃旨カレーチキンパッタイ。(糖質6.4g)

シェア頂ければ幸いです。