クレイジーな味わい。肉汁封印絶品よだれ豚ネギしゃぶ(糖質5.7g)

クレイジーな味わい。肉汁封印絶品よだれ豚ネギしゃぶ(糖質5.7g)

わっしょい・わっしょい!てやんでい・てやんでい!

旨い肉を寄越せと、胃袋から祭囃子が聞こえる。

毎月襲い来る、この容赦なき欲望の訪問者。

その解決策は、抜群に美味しい肉を食べるだけである。

本日ご紹介する、肉汁封印絶品よだれ豚ネギしゃぶ

よだれ鶏より遥かに簡単な、それでいて抜群に美味しい逸品だ。


スポンサー様

肉汁封印絶品よだれ豚ネギしゃぶの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:10分糖質:5.7g脂質:31.5g塩分:3.2g
熱量:424kcalたんぱく質:動物 23.2g  植物 2.6g※上記データは1人分です
肉汁封印絶品よだれ豚ネギしゃぶ
まずは材料2人分)だ。

・豚こま肉 250g
・ネギ   1/2本

正直に白状すると、実は冷蔵庫に約500gの豚こま肉を購入している。

それほどまで、美味しい豚しゃぶへの欲望が開花しっぱなしなのだ。

肉汁封印絶品よだれ豚ネギしゃぶ
そして調味料だ。

・醬油   大さじ1.5
・砂糖   小さじ0.7
・ぽん酢  大さじ1
・すりごま 大さじ1
・辣油   8プッシュ
・一味唐辛子 小さじ0.5
・ごま油   小さじ2
・オイスターソース  小さじ1
・大蒜/生姜チューブ  各小さじ0.5
・料理酒  100㏄(茹で用)

少し量は多いが、いわば鉄板のよだれ鶏味

その美味しさを豚しゃぶにカスタマイズし、最高の肉祭りを開催しよう。

肉汁封印絶品よだれ豚ネギしゃぶ
まずは豚こま肉を常温に戻し、丁寧にモミモミしよう。

今回は塩を振らず、よだれ鶏のテイストを存分に受け止めたい。

そして今回の豚こま肉、何と国産100g78円

広告を見た時、冷凍庫を豚こまの村にしようと決心した次第である。

肉汁封印絶品よだれ豚ネギしゃぶ
そしてお鍋に、以下を合わせて沸騰させておこう。

・お水  1000ml
・料理酒 100㏄

ここから先は、以下の記事をご参照いただきたい。

少しお手数だが、美味しい食卓への下準備と思って頂ければ幸いだ。

リンク:豚コマ肉を劇的に柔らかくする超簡単なしゃぶしゃぶ方法+厳選10レシピ

肉汁封印絶品よだれ豚ネギしゃぶ
そして完成する、劇的柔らかな豚こま肉

この手法に出会ってから、しゃぶしゃぶ肉を自宅に招くことが激減した。

これが俗にいう、自然消滅というものなのだろうか。

肉汁封印絶品よだれ豚ネギしゃぶ
そして今回のよだれ豚しゃぶは、その速さも売りである。

ここまで完成したら、葱を1/2本みじん切りにして、最後のソースを完成させていこう。

肉汁封印絶品よだれ豚ネギしゃぶ
これを以下の調味料と混ぜ、ラップ無しで600W90秒

・醬油   大さじ1.5
・砂糖   小さじ0.7
・ぽん酢  大さじ1
・すりごま 大さじ1
・辣油   8プッシュ(お好みで調整)
・一味唐辛子 小さじ0.5
・ごま油   小さじ2
・オイスターソース  小さじ1
・大蒜/生姜チューブ  各小さじ0.5

辛みを抑えて最高に食べやすくカスタマイズした、よだれソースの完成である。
(名前ヤバイ)

蜀咏悄 2017-07-29 17 20 07
これを豚こま肉の上にかけ、最後に追加でラー油をプッシュしまくったら、いざ完成である。

夏場にも最高にマッチする美味しさを、皆様でお試しいただければ幸せだ。


スポンサー様

低糖質の美味しさチェック

肉汁封印絶品よだれ豚ネギしゃぶ
まるで横浜中華街に迷い込んだような、素晴らしく中華なデザイン

下に麺が敷いてあれば、極上の冷やし中華に。

下にご飯が敷き詰められていたら、最高のよだれ豚しゃぶ丼に。

この危険な妄想が行動に移る前に、いざ一口頂こう。

肉汁封印絶品よだれ豚ネギしゃぶ
うむ、最高に美味しい

柔らかな豚こま肉の中に含まれる、適度な脂

そしてそれを包括する、辛みと甘みと香ばしさ達

やはり中華の本気は、私たちの胃袋を鷲掴みにする。

沢山の調味料が必要になるが、是非この美味しさをお伝えしたい。

肉汁封印絶品よだれ豚ネギしゃぶ
ネギソースを抜群にかけ、沢山のしゃぶ肉と一気に頬張る。

大量の豚こまのボリュームに感謝し、美味しいよだれテイストを楽しみ尽くす。

あぁ、何とワクワクする美味しさなのだ。

心躍る食事は、かけがえのない生命の糧である。

多分どこかの偉人が言ったはずの、それっぽい名言。(完全に想像)

この名言を心に秘めて、またモリモリ頑張っちゃいたい。

いつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
ご満足いただければ幸いです。
クレイジーな味わい。肉汁封印絶品よだれ豚ネギしゃぶ(糖質5.7g)

ご共有いただければ幸いです!
(当サイトはリンクフリーです)

こちらの記事もいかがですか?