激プリ悶絶。柚子胡椒チーズの旨み大根つみれバーグ(糖質5.9g)

激プリ悶絶。柚子胡椒チーズの旨み大根つみれバーグ(糖質5.9g)

モチモチ美味しい、お祭りの屋台でも売られている大根餅。

私の2億種もある大好物の中で、最上段に君臨する食べ物だ。

でもある日、私は気づいてしまった。

彼が柚子胡椒とチーズ、この組み合わせと圧倒的に相性が良いことに。

本日ご紹介する、柚子胡椒チーズの旨み大根つみれバーグ

一口食べると止まらない、機関車トーマスの滑車を破壊する逸品だ。

柚子胡椒チーズの旨み大根つみれバーグの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:10分糖質:6.2gたんぱく質:動物 38.4g  植物 0.1g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
写真 2017-02-22 17 52 31
まずは材料2人分)だ。

・鶏むね肉 300g
(鶏ミンチでもOK)
・大根   150g(約1/6本)
・カマンベールチーズ 25g

今回は給料日手前という事もあり、いつものメンバーにお越しいただいた。

え?君たちもまた呼ばれたの?的な食材達を、恐るべき美味しさに仕上げていこう。

写真 2017-02-22 17 52 43
次に調味料だ。

・塩    軽く2ふり
・片栗粉  小さじ2
・柚子胡椒 小さじ1.3
・ほんだし 小さじ0.5
・生姜チューブ  小さじ1
・オリーブオイル 大さじ2

そしてこちらは、圧倒的な和テイスト。

最近なんだか、和の美味しさに目覚めつつあるのだ。

目覚めたらちょんまげとか、そんな感じの変化も覚悟しておこう。

写真 2017-02-22 17 52 59
ではまずは、大根1/6本をすりおろしにしていこう。

初めて上京した時、スーパーで購入した大根おろし器780円

それと同じ商品を、後日100均で見つけた時の衝撃を今も忘れない。

これが東京か…。

そんな苦い思い出を、すりおろしながらふと思い出す。

写真 2017-02-22 17 53 08
そして今回は、残念ながら大根おろしの汁は捨ててしまおう。

大根おろし繊維だけを、ご拝借させていただきたいのだ。

写真 2017-02-22 17 53 29
そこに鶏むね肉をミンチ状にしたもの、もしくは市販の鶏ミンチを加えよう。

いつも鶏むね肉をミンチ状にさせて頂いているのだが、これが非常に美味しいのだ。

絶妙の噛みごたえと、脂肪のないあっさりテイスト。

一度みじんぎると、病みつきになる美味しさである。

写真 2017-02-22 17 53 42
そしてここに、以下の調味料を加えよう。

・塩    軽く2ふり
・片栗粉  小さじ2
・柚子胡椒 小さじ1.3
・ほんだし 小さじ0.5
・生姜チューブ  小さじ1
・細かくしたカマンベールチーズ 25g

後はこれを、存分にかき混ぜるだけ。

非常に簡単な行程なので、お子様のお料理デビューにも最適だ。

ただその場合、おそらくチーズは食べられてしまうだろう。

写真 2017-02-22 17 53 55
こねこね。

ここは是非、手でこねていただくと最高に快感だ。

大根おろしを入れると、こんな感触になるのか!と、少しのエンタメを体験できる。

写真 2017-02-22 17 54 11
では次に、お鍋にオリーブオイルを大さじ2加えよう。

そしてこれを、強火でガンガン加熱していこう。

まさにハンバーグが始まる、嵐の前の静けさ。

お子様のつまみチーズが止まらない瞬間だ。

写真 2017-02-22 17 54 27
そしてここに、円形に丸めたハンバーグを二つ投入。

コロコロとした見た目には、チーズが内在している。

これが中で溶け合うと考えると、もうフライングで口がもぐもぐしてきた。

写真 2017-02-22 17 54 40
そしてここで、少し押さえつけていただきたい。

ほんのり表面に焦げ目をつけ、強火で2分間焼きをいれておこう。

写真 2017-02-22 17 54 48
そしてこれをひっくり返し、水を30cc投入&蓋をして4分30秒

ここから先は、中火でお願いできるだろうか。

写真 2017-02-22 17 55 07
そしてこれをお皿に盛り付けたら、さぁ完成だ。

御一人で2個も余裕で食べられてしまう、おろしつみれバーグの爆誕である。

低糖質の美味しさチェック

写真 2017-02-22 17 55 18
チキンつみれ独特の、きめ細やかな表面。

この中にチーズとおろしが入り込んでいるとは、全く世も末である。

これをパカッと割った想像をすれば、空腹感も最大値である。

ではいざ、ファーストパカットを行おう。

写真 2017-02-22 17 55 28
パカッ!!

染み出る肉汁と、大根おろしの繊維。

チーズの塩気を絡めながら食べると、無茶苦茶な美味しさだ。

柚子胡椒とチーズ、これほどまでに美味しい組み合わせでいいのだろうか。

写真 2017-02-22 17 55 37
そして意外に良い働きなのが、下に敷いた貝割れ

栄養価とコスパで良く使用させていただく貝割れだが、今日は彼も全力で主役級。

野菜感とチキンつみれ感が組み合わさり、もはや鉄壁のテイストと言えるだろう。

あぁ、これはあと30回は食べたい旨さ。

非常に簡単なので、お試しいただければ最高にハッピーだ。

いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。

ご満足いただければ幸いです。

FavoriteLoading記事をお気に入り!
スポンサーリンク