鯖の本気。旨さ沁み込むサバ缶味噌バター麻婆豆腐(糖質6.4g)

魚の本気。旨さ沁みいる夏のサバ缶味噌バター麻婆豆腐(糖質6.4g)

最近出会った、素晴らしく美味しい水煮缶。

そのほぐれ具合と脂の乗りは、まさに瀬戸内海の凝縮された旨み。

そしてそんな素敵缶に、出会ってしまったら。

私のやるべきお仕事は、おのずと決まってくるのではないだろうか。

本日ご紹介する、旨さ沁み込むサバ缶味噌バター麻婆豆腐

1缶150円程度のいい感じの製品と共に、素敵なご週末をお過ごしいただきたい。

スポンサー様


旨さ沁みいる夏のサバ缶味噌バター麻婆豆腐の美味しい糖質オフレシピ

費用:150円時間:10分糖質:6.4g脂質:15.5g
塩分:1.9g熱量:308kcalたんぱく質:動物 14.9g  植物 11.3g
※上記データは1人分です。
旨さ沁みいる夏のサバ缶味噌バター麻婆豆腐(糖質6.4g)
まずは材料2人分)だ。

・サバ水煮缶 1缶
・エリンギ  1/2パック
・木綿豆腐  1丁

今回の主役は、勿論このサバの水煮缶

148円という金額でも、最近は美味しいサバ缶が流通している。

もし北海道産の498円のサバ缶を食べたら、感動で漁師に転職してしまうかもしれない。

旨さ沁みいる夏のサバ缶味噌バター麻婆豆腐(糖質6.4g)
そして次に調味料だ。

・片栗粉   小さじ1
・味噌    小さじ1
・豆板醤   小さじ1
・粉山椒   お好みで
・有塩バター 10g
・生姜/大蒜チューブ  各小さじ1
・オイスターソース  小さじ1

そしてそんなサバ缶に想いを寄せるのが、和の女王『味噌バター』である。

ふっくらとしたサバに沁みこめば、サバもギョッとするだろう。(お上手)

旨さ沁みいる夏のサバ缶味噌バター麻婆豆腐(糖質6.4g)
では最初は、旨みの核から作成しよう。

まずはエリンギ1/2パックを良く洗い、こちらを細かくみじん切りに。

これにて栄養&旨みを瞬時にいただける、微塵ギ(ミジンギ)の完成だ。

ネーミングセンスに関しては、優しく放置していただきたい。

旨さ沁みいる夏のサバ缶味噌バター麻婆豆腐(糖質6.4g)
そして次は木綿豆腐一丁を、ラップ無しのレンジで600W2分間レンチンに。

こちらもダイナミックな行程だが、大変簡単な作業である。

プロの自炊マスター様であれば、片手でレンジの開閉もやっちゃうのではないだろうか。

旨さ沁みいる夏のサバ缶味噌バター麻婆豆腐(糖質6.4g)
では早速、調理を開始しよう。

今回のサバ麻婆では、抜群の香りを引き立てる作業が大切になる。

そのためまずは、以下を同時に中火で約30秒加熱していただけるだろうか。

・有塩バター 10g
・生姜/大蒜チューブ  各小さじ1

旨さ沁みいる夏のサバ缶味噌バター麻婆豆腐(糖質6.4g)
そしてその香りにかぶせるように、エリンギも一気に投入。

キノコエキスがガシガシ溢れだし、香りも一気にクリーミーに立ち昇る。

こちらは約1分間、強火で攻め立てていただきたい。

旨さ沁みいる夏のサバ缶味噌バター麻婆豆腐(糖質6.4g)
さらにエリンギを少しそばに移動させ、真ん中に鍋底広場をつくっていたきたい。

そして高温のその場所で、以下を混ぜ込むように約20秒加熱していただけるだろうか。

・味噌    小さじ1
・豆板醤   小さじ1
・オイスターソース  小さじ1

旨さ沁みいる夏のサバ缶味噌バター麻婆豆腐(糖質6.4g)
そしてそこに良質なサバの水煮缶を、少しほぐしつつ投入しよう。

こちらはエキスも残すことなく、しっかり活用。

ここで「わ、わしの鯖エキスが!」と愛猫様が憤慨されている場合は、カリカリを差し上げていただきたい。

ただ実際には、猫様には過度の塩気は御法度である。

旨さ沁みいる夏のサバ缶味噌バター麻婆豆腐(糖質6.4g)
そして次は以下を投入して、こちらは中火(180度程度)で約5分間煮込んでいこう。

・木綿豆腐  1丁
・水     100㏄

染み渡るサバの香りに、お豆腐がビシバシ美味しく変化する。

さらに煮込み時間を長めにすることで、更に濃い目の味わいもご堪能いただけるだろう。

旨さ沁みいる夏のサバ缶味噌バター麻婆豆腐(糖質6.4g)
さらに最後は、片栗粉小さじ1をお湯大さじ2で溶かした、水溶き片栗粉を回し入れていただきたい。

一気にトロミが誕生し、鯖と豆腐の交わりも格別に。

食べ応えアップに欠かせない、最後のひと手間としてお願いできるだろうか。

旨さ沁みいる夏のサバ缶味噌バター麻婆豆腐(糖質6.4g)
そしてお皿にたっぷり移し、お好みで粉山椒を振りかけたらいざ完成だ。

中華料理の世界に鯖水煮缶がデビューする、本日のレシピ。

その晴れ舞台には、たっぷりの粉山椒が似合うだろう。


スポンサー様


低糖質の美味しさチェック

旨さ沁みいる夏のサバ缶味噌バター麻婆豆腐(糖質6.4g)
キミ、沁みこんでるねぇ!?

もし私が何かのプロデューサーならば、思わず声を掛けるこのビジュアル。

トロリとした鯖の身に、凝縮された味噌バター風味の麻婆豆腐。

木綿豆腐と一緒に食べれば、きっと幸福な味わいに包まれるだろう。

では早速、一口もぐりといただこう。

旨さ沁みいる夏のサバ缶味噌バター麻婆豆腐(糖質6.4g)
鯖の美味しい独特の塩気に、味噌とバターの引き立つ甘み。

麻婆自体の辛みと共に、淡白なお豆腐が震えながら崩壊する。

おおぅ…。

やはり麻婆豆腐の美味しさは、最高だ。

そして鯖との組み合わせで、よりお肉系の味わいも追加されている。

なんとも大変美味しい、沁み込む系の組み合わせではないか。

旨さ沁みいる夏のサバ缶味噌バター麻婆豆腐(糖質6.4g)
その秘密は、やはり上質な鯖缶成分

こちらは是非とも、HOKOがSAVAの鯖水煮缶を使用したい。

それほど良質な鯖缶との相性が良く、お豆腐にガンガン沁みこんでいる。

麻婆スタイルで食べることで、その才能がパッカリ開花されている。

あぁ、鯖缶とは何と最高なのだろう。

まだまだ隠れている、美味しい鯖缶。

いつか全てを食べ尽くしたい、そう決心する逸品だった。

いつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
ご満足いただければ幸いです。
スポンサー様
スポンサー様
美味しいダイエットレシピ旨ブロ 公式LINEスタンプ販売開始!

魚の本気。旨さ沁みいる夏のサバ缶味噌バター麻婆豆腐(糖質6.4g)

ご共有いただければ幸いです!
(当サイトはリンクフリーです)



低糖質パン・お菓子ならココがお勧め!
低糖工房(ていとうこうぼう)


1個0.8gのマドレーヌから、1食4.2gの本格中華麺まで、専門店ゆえの豊富な取り揃え。

市販のふすまパンや糖質0麺とはひと味違う、大満足の美味しさ!



その美味しさの秘密は、高純度の食物繊維独自の製造工程

お値段は少し高めですが、贈り物やご褒美にも最適な逸品揃いです!





こちらの記事もいかがですか?