大好きKFC。鶏もも絶品スパイシー香味チキンは自宅で15分(糖質15.7g)

大好きKFC。鶏もも絶品スパイシー香味チキンは自宅で15分(糖質15.7g)

大人になっても素通りできないKFC。

カーネルサンダースの営業スマイルに騙されつつ、引き寄せられてしまうKFC。

そしてその中でも最も好きな香味チキン…。

あの辛味と旨み、あの美味しさはチキンの生態系を破壊しかねないテイストだ。

そんな今日は自宅でも作れる、絶品KFC系スパイシー香味チキンをご紹介させていただきたい。

揚げ油には少量のオリーブオイルを使った、より罪悪感の少ない逸品だ。


スポンサー様

絶品スパイシー香味チキンの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:15分糖質:15.7gたんぱく質:動物 24.5g  植物 0.5g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
写真 2016-07-18 19 25 16
まずは材料2人分)だ。

・鶏もも肉 300g
・カイワレ 1パック

簡単な材料だが、国産鶏肉ならさらに美味しくなってしまう。

これは困った。食欲が加速してしまう。

写真 2016-07-18 19 25 25
次に調味料だ。

・塩/黒胡椒   各軽く6ふり
・七味唐辛子  小さじ2
・粉山椒    小さじ0.5
・顆粒コンソメ 小さじ0.5
・乾燥バジル  小さじ1
・片栗粉    大さじ1.5
・薄力粉    大さじ1.5
・大蒜チューブ 小さじ1.5
・マヨネーズ  大さじ2
・オリーブオイル 40cc

最小限で一番おいしいラインを攻めた量だ。

写真 2016-07-18 19 25 34
まずはフォークで鶏もも肉をプスプスしておこう。

今回は鶏の皮も是非、そのまま残しておこう。

チキンと刺し違える覚悟でお作りいただきたい。

写真 2016-07-18 19 25 51
そして鶏もも肉を一口大にカットして欲しい。

少し一口より大きめがGOODだ。

そして大蒜チューブ小さじ1.5とマヨネーズ大さじ2を加えよう。

下味をつけると同時に、鶏肉を柔らかくするマヨ効果を練りこもう。

写真 2016-07-18 19 25 59
そして、このまま5分ほど放置しよう。

刺しまくった鶏肉に、美味しい下味と酵素が飛び込んでいく。

写真 2016-07-18 19 26 09
ここで2種類の粉を用意しよう。

左はまぶし粉、以下を混ぜて欲しい。
・塩/黒胡椒   各軽く6ふり
・乾燥バジル  小さじ1
・片栗粉    大さじ1.5
・薄力粉    大さじ1.5

右は香味粉、以下を混ぜておこう。
・七味唐辛子  小さじ2
・粉山椒    小さじ0.5
・顆粒コンソメ 小さじ0.5

コンソメはキューブではなく、顆粒のサラサラなものをご用意いただきたい。

写真 2016-07-18 19 26 42
ここで鶏もも肉に、左のまぶし粉をつけよう。

全体にまぶして、2分ほど放置。

まぶし粉が鶏肉の水分を吸って、しんなりとなじんでくる。

写真 2016-07-18 19 26 31
さあフライパンにオリーブオイルを約40ccほど加えよう。

180度(強火~強中火)で加熱して、お箸を入れたら箸が手話手話なればOKだ。

いや、正しくはしゅわしゅわだ。

どんな知的なお箸なのだろう。

写真 2016-07-18 19 26 52
加熱出来たら、鶏肉を重ならないように入れて行こう。

揚げ時間は片面4分づつの計8分

イメージは片面ずつ揚げていく感じだ。

鶏肉を入れることで、少量のオリーブオイルでも十分上昇してくる。

写真 2016-07-18 19 27 02
片面が揚げおわったら、くるっとひっくり返してさらに4分

基本的に一切触らなくてOKだ。

この段階で、避難場所のキッチンペーパーをご用意いただければ幸いだ。

写真 2016-07-18 19 27 10
完成したらキッチンペーパーに避難させ、熱いうちに香味粉をかけておこう。

つまみ食いスキルに長けた人が周囲にいる場合、最大限の警戒を払って欲しい。

場合によってはSECOMを呼ぼう。

写真 2016-07-18 19 26 20
ここで忘れてはいけないカイワレ大根だ。

今回は香味チキンが主役なので、端っこの方に配置しよう。

写真 2016-07-18 19 27 21
美味しそうに盛り付けたら、さぁ完成だ。

たっぷりと香味粉をかけて召し上がっていただきたい。


スポンサー様

低糖質の美味しさチェック

写真 2016-07-18 19 27 31
爆発的な香りと指についた香味粉のおいしさ。

我慢できずに一口いただく。

間違いなく美味しい。ケンタッキーの香味チキンに勝るとも劣らない。

香味粉のスパイシーな辛みに、柔らかで芳醇な鶏もも肉が最高にマッチする。

写真 2016-07-18 19 27 52
中までしっかり火が通り、肉汁もほとばしる。

この香味チキン、自分が美味しいことを自覚している誘い方だ。

あぁ、ハイボールが加速する。

レモンサワーが暴走する。

写真 2016-07-18 19 27 42
そしてカイワレとまぶして食べる。

辛味のあるカイワレが、唐揚げの脂分をさっぱりとリセットしてくれる。

これはもはや軍事兵器並の組み合わせだ。

無限に食わせる心理兵器かもしれない。

ああ、美味しかった。安くて満足、ご馳走様。

今度は山椒系のカラカラチキンを目指したい。

いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。
ご満足いただければ幸いです。