心のままに召し上がれ。ソイライスで美味なる鶏ひき肉ネギ味噌丼(糖質15.1g)

心のままに召し上がれ。ソイライスで美味なる鶏ひき肉ネギ味噌丼(糖質15.1g)

糖質制限中、夢にまで登場するどんぶり兵士。

縦横無尽に笑顔を振りまく丼の魅力は、留まるところを知らない。

そんな時、今回ソイライスで料理したネギ味噌丼、十分に満足頂けるのではないだろうか。

ぜひ、ソイライスの新しい可能性に賭けてみて頂きたい。

ソイライスの鶏ひき肉ネギ味噌丼の美味しい糖質オフレシピ

費用:250円時間:30分糖質:15.1gたんぱく質:動物 50.8g  植物 21.2g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
写真 2016-05-18 18 00 26
まずは材料2人分)だ。

がっつり美味しい味に仕上げて欲しい。

・鶏むね肉 大きめ1枚(約400g)
・木綿豆腐 2丁
・こねぎ  半袋
・たまご  2個
・にんにく 2片
・生姜   1/3片

写真 2016-05-18 18 05 54
次に調味料だ。

・味噌  小さじ5
・みりん 大さじ1
・料理酒 大さじ2 
・醤油  小さじ1.5
・塩   軽く4ふり(小さじ0.5)
・黒胡椒 軽く4ふり(小さじ0.5)
・マヨネーズ 大さじ3
・オリーブオイル 大さじ1

写真 2016-05-18 18 09 35
まずは良質なソイライスを作ろう。

もともとは兄弟、味噌の風味と相性抜群だ。

良質なソイライスのレシピは、こちらをご覧頂きたい。

参照:1食分糖質3.6g。おかずが加速する良質ソイライスの簡単な作り方(写真付き)

写真 2016-05-18 18 50 45
こちらが完成品のソイライスだ。

今回は少し水分を厳しく取ると、なおOKだ。

写真 2016-05-18 18 12 26
次に鶏むね肉の皮を取り、細かくミンチ状にしよう。

包丁で切りやすい鶏むね肉、非常にいい奴だ。

友達も多そうだ。

写真 2016-05-18 18 16 56
ミンチにしたら、以下を混ぜよう。

・塩   軽く4ふり(小さじ0.5)
・黒胡椒 軽く4ふり(小さじ0.5)

たくさんの鶏ひき肉は、まさに圧巻だ。

写真 2016-05-18 18 23 38
次にニンニク2片をみじん切り、生姜1/3片をすりおろしに。
写真 2016-05-18 18 28 38
小葱もザクザク輪切りにしておこう。
写真 2016-05-18 18 42 45
そして今回の主役、混ぜタレかけタレ、2種類のタレ。

左が混ぜタレ
・味噌  小さじ4 ・みりん 大さじ1
・料理酒 小さじ4 ・醤油  小さじ1

右がかけタレ
・味噌  小さじ1 ・料理酒 小さじ2 
・醤油  小さじ0.5 ・マヨネーズ 大さじ3

混ぜたら二つとも、ラップをして600Wレンジで30秒加熱して欲しい。

写真 2016-05-18 18 47 34
次に温泉卵だ。

この方のおかげで、グッと丼感が加速する。

40秒で出来る温泉卵の作り方は、こちらをご覧いただきたい。

参照:わずか40秒。毎日食べたいとろとろ温泉卵の簡単な作り方(写真付き)

写真 2016-05-18 18 52 16
さあ、下準備は完成だ。

野郎ども、用意はOK?

写真 2016-05-18 18 53 23
最初にオリーブオイル大さじ1加熱しよう。

まず最初は中火にしていただきたい。

写真 2016-05-18 18 53 46
次にニンニク生姜を炒めよう。

中火で30秒、素晴らしい香りが部屋に充満する。

写真 2016-05-18 18 55 49
次に強火に変え、鶏むね肉を炒めよう。

約2分30秒、肉汁がこんにちわしてくる。

ここから先は常に強火でOKだ。

写真 2016-05-18 18 57 14
ここで混ぜタレを投入しよう。

茶色が濃い方だ。

この状態で約1分、絡めながら炒めよう。

写真 2016-05-18 19 01 08
そして小葱を投入だ。

1/2袋分を大胆に、がさっと入れて頂きたい。

写真 2016-05-18 19 02 00
30秒ほど炒めたらOKだ。

少し肉汁が溢れているので、必要な分だけすくって欲しい。

味噌とネギの香りが、鼻孔をくすぐる。

60
ソイライスの上に鶏肉をよそい、温泉卵をセット。

最後にかけタレを回しかけたら完成だ。

大変お疲れさまでした。

低糖質の美味しさ実食

さあ、どんぶりご飯をたくさん食べよう。

遠慮はいらない。さあさあ。

写真 2016-05-19 9 56 39
今回はレンゲでがさっといただこう。

もう我慢できない。

鶏ひき肉の重厚感と、かけタレの光沢が最高に輝いている。

グッとくる味噌とニンニク、ネギの美味しさが旨さエクスプロージョンだ。

写真 2016-05-18 19 16 20
ソイライスの食べ応えは、丼で最高のポテンシャルを発揮する。

レンゲの中で濃厚な味が、混然一体だ。

ソイライスと鶏ひき肉、見分けがつかない。

温泉卵と混ぜれば、至極の一口だ。

ソイライス。

知的な方が開発されたであろう、この世紀の発明品に感謝したい。

また是非作ってみたい、素敵な逸品だった。

いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。

ご満足いただければ幸いです。

FavoriteLoading記事をお気に入り!
スポンサーリンク